2017年03月08日

米ウィスコンシン州の七面鳥から鳥インフル、テネシー州とは別型【ロイター2017年3月7日】(他2ソース)

[パリ 7日 ロイター] - 国際獣疫事務局(OIE)は7日、米ウィスコンシン州の農場で飼育している七面鳥からH5N2型の低病原性鳥インフルエンザの検出されたと発表した。

米国では米食肉加工大手タイソン・フーズ(TSN.N)が契約しているテネシー州の養鶏場で、高病原性のH7型鳥インフル感染が確認されたばかり。

米国では2014年と15年の高病原性鳥インフルエンザ発生時に採卵鶏を中心に5000万羽近くが殺処分され、鶏卵価格が高騰したほか、多くの貿易相手国が米国産鶏肉の輸入を禁止した。
http://jp.reuters.com/article/health-birdflu-usa-idJPKBN16E1E1

アジア諸国、米家禽類の輸入制限 鳥インフル検出で【ロイター2017年3月8日】
[ソウル/シカゴ 6日 ロイター] - 米テネシー州の養鶏場で鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、韓国と日本、台湾、香港は米国からの家禽類の輸入を制限する措置を取った。米家禽鶏卵輸出協会(USAPEEC)などが発表した。

韓国は6日付で米国からの家禽と卵の輸入を禁止。ただし、禁輸するのは生の家禽と卵で、加熱処理した肉や卵製品の輸入は可能という。

日本と台湾はテネシー州からの家禽輸入を停止。香港は、鳥インフルエンザウイルスが検出された養鶏場がある郡からの輸入を制限する。
http://jp.reuters.com/article/health-birdflu-southkorea-idJPKBN16E0W4

<米国>タイソン・フーズが反落 米養鶏場で鳥インフルエンザ検出【日本経済新聞2017年3月8日】
【NQNニューヨーク=横内理恵】(米東部時間10時30分、コード@TSN/U)6日午前の米株式市場で食肉大手タイソン・フーズが反落して始まった。前週末比2.54ドル(4.0%)安の61.06ドル前後で推移している。6日までに提携している米テネシー州の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことが明らかになった。輸出を含めた鶏肉事業の落ち込みにつながるとの警戒感から売りが出た。

 6日付の…
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL06HN9_W7A300C1000000/

http://archive.is/vpccy
http://archive.is/nu6YZ
http://archive.is/i1JRR

posted by BNJ at 11:34 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: