2017年03月11日

西宮、伊丹両市 鳥インフルの監視重点解除【神戸新聞NEXT2017年3月11日】

 兵庫県は10日、西宮、伊丹両市で野鳥などの死骸から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)が検出された問題で、発生地から半径10キロメートルの野鳥監視重点区域の指定を、環境省が10日午前0時に解除したと発表した。

 昨年12月から今年1月にかけて、西宮市高座町の新池と同市枝川町の甲子園浜自然環境センター近くで回収された野鳥2羽、伊丹市昆陽池3の昆陽池公園で飼育するコブハクチョウ15羽の死骸から同ウイルスが検出されていた。環境省の対応マニュアルに基づき、最後に感染した死骸を発見後、45日経過したことから解除を決めた。
https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201703/0009987315.shtml

http://archive.is/NfBx2
コブハクチョウ「絶滅」危機…市「保護に全力」【読売新聞2017年2月6日】(伊丹市昆陽池公園/鳥インフルエンザ)
伊丹、高病原性鳥インフル確定15羽に【神戸新聞NEXT2017年2月2日】(昆陽池公園/コブハクチョウ)
西宮の鳥インフル、高病原性と確定【神戸新聞NEXT2017年2月1日】

posted by BNJ at 12:06 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: