2017年03月12日

四島で共同漁業、道の駅 経済活動 道、政府に要望へ【どうしんウェブ2017年3月12日】(海獣や野鳥をウオッチする洋上観光)

 北方四島でのロシアとの共同経済活動や元島民の墓参拡充を巡り、道がまとめた政府への要望書案が11日、判明した。共同経済活動では、根室管内1市4町を中心とする道内の企業などの技術や経験の活用を求め、事業例として、四島周辺での共同漁業や道産の農畜産物を売る四島版「道の駅」の開設、海獣や野鳥をウオッチする洋上観光などを挙げた。18日の東京での日ロ公式協議に向けて、高橋はるみ知事が近く関係省庁を訪れ、提出する方向だ。

 案では墓参を含む四島との交流拡大を見据え、国後島古釜布沖以外でも出入域手続きを可能にすることや往来用の船の増加、四島に活動支援拠点を設けることを提案。共同経済活動については、漁業や観光、医療・福祉など9分野で道内の技術を生かせるとし《1》共同経済活動の枠組みや資金の明確化《2》現地調査団の派遣《3》根室管内の道路・港湾・空港・鉄道の整備―を要請する。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0377911.html

http://archive.is/cGGC0

posted by BNJ at 11:25 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: