2017年03月13日

中国から持参の生肉、鳥インフル検出 検疫に限界も【朝日新聞デジタル2017年3月13日】

高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出された香港から持ち込まれたアヒル肉(動物検疫所提供)

 中国からの渡航者が日本に持ち込もうとして没収された鳥肉から、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されていたことが農林水産省動物検疫所などへの取材でわかった。人に感染する可能性は低いが、野鳥などを介してニワトリなどの家禽(かきん)に感染する恐れがある。検疫で没収される畜産物は全体の一部とみられ、専門家は対策強化の必要性を訴える。

 調査は世界的に鳥インフルの流行が近年続いていることから、動物検疫所と北海道大学が共同で初めて実施。2015年6月〜今年2月に羽田空港など全国9カ所の空港や港で渡航者の荷物から没収されたニワトリやアヒルの肉や卵など228検体を調べた。その結果、中国の上海、アモイ、香港から成田、中部の各空港に持ち込まれたニワトリとアヒルの生肉3点から、高病原性鳥インフルエンザのH5N1亜型とH5N6亜型のウイルスが見つかった。両ウイルスは中国などで人への感染が確認され死者も出ているが、死んだニワトリなどに濃厚接触したことが原因とみられている。また、中国や台湾、ベトナムから成田、羽田、関西、中部の4空港に持ち込まれたニワトリやアヒルの生肉9点からも低病原性のウイルスが検出された。

 検出されたH5N6とH5N1のウイルスをニワトリとアヒルに感染させると、約9割のニワトリが3日目までに死亡。死んだニワトリの血液を調べると、全身でウイルスが増殖しており、強毒性と確かめられた。遺伝子解析により、中国で流行するウイルスと近縁であることがわかった。

 海外からの肉類の持ち込みは家畜伝染病予防法に基づき、検査証明書がない限り認められていないが、日本で生活する人が帰省した際に本国から持ち帰ったり、土産で持ち込まれたりすることがあるという。さらに日本は現在、中国やベトナム、台湾など鳥インフルの発生が報告される国・地域からの家禽の肉、卵などの輸入を停止している。

 大槻公一・京都産業大学鳥インフルエンザ研究センター長によると、国内で流行する鳥インフルエンザは渡り鳥によって運ばれると考えられており、「携行品で持ち込まれる可能性は想定されていない」と指摘。持ち込まれた肉が屋外に捨てられ、野鳥が触れたり、生肉に触れた人が農場や動物園に行ったりして感染が広がる恐れがあるという。

 一方、海外から渡航者は急増しており、検疫所で没収された畜産物は、中国からを中心に15年は約6万2700件(約83トン)に上り、11年と比べほぼ倍増した。調査にあたった北大の迫田義博教授(ウイルス学)は「すべてを検疫で見つけるのは難しく、今回見つかったのは氷山の一角とみられる。季節に限らず常に持ち込まれているという前提で、防疫対策を進める必要がある」と言う。

 大槻さんは「東京五輪に向けて訪日客が増えることが予想されており、水際対策は重要性を増している。厳しい手荷物検査や探知犬の拡充など検疫を徹底すべきだ」と話している。(小川裕介、香取啓介)
http://www.asahi.com/articles/ASK385VTKK38ULBJ00P.html

持ち込み鶏肉に鳥インフル 中国からの渡航者【共同通信2017年3月13日】
 中国からの渡航者が許可なく持ち込もうとして空港で見つかった鶏やアヒルの生肉から、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されていたことが13日、農林水産省動物検疫所(横浜市)への取材で分かった。人に感染する危険性は小さいが、空港などの検疫所で見つかる食肉は一部とみられ、専門家は持ち込ませないよう水際での対策徹底を呼び掛けている。

 海外からの肉類持ち込みは、家畜伝染病予防法で検査証明書がない限り認められていない。

 調査は中国などで鳥インフルエンザの流行が続いているため、動物検疫所と北海道大が2015年6月から実施した。
https://this.kiji.is/213865721434883580?c=39546741839462401

【鳥インフル】持ち込み鶏肉に鳥インフル 中国からの渡航者【産経ニュース2017年3月13日】
 中国からの渡航者が許可なく持ち込もうとして空港で見つかった鶏やアヒルの生肉から、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されていたことが13日、農林水産省動物検疫所(横浜市)への取材で分かった。人に感染する危険性は小さいが、空港などの検疫所で見つかる食肉は一部とみられ、専門家は持ち込ませないよう水際での対策徹底を呼びかけている。

 海外からの肉類持ち込みは、家畜伝染病予防法で検査証明書がない限り認められていない。

 調査は中国などで鳥インフルエンザの流行が続いているため、動物検疫所と北海道大が平成27年6月から実施。今年2月までに成田空港や羽田空港など全国9カ所の空港や港の検疫所で発見した鶏やアヒルの生肉や卵など228検体を調査した。
http://www.sankei.com/life/news/170313/lif1703130045-n1.html

中国客持ち込みの生肉からウイルス検出【MBSニュース2017年3月14日】
 世界的な流行が続いている鳥インフルエンザ。飛来する野鳥などを介して、ウイルスに感染する恐れが指摘されてきましたが、新たなルートが存在することが明らかになりました。中国などから旅行客が持ち込む「生の肉」です。

 中国から日本の空港に持ち込まれた、口ばしがついたままの「アヒル肉」。この検体から、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されました。動物検疫所などが2015年6月から先月まで実施した調査によりますと、全国9か所の空港などに持ち込まれ没収された228の鳥肉などのうち、14の検体から鳥インフルエンザのウイルスが検出されたのです。

 「中国便が多く発着する関西空港に持ち込まれた検体からも、鳥インフルエンザのウイルスが検出されました」(久保田紗代記者リポート)

 実際、中国人に聞いてみると…

 「これは新鮮ではないと思うね…」(中国人観光客)
 「国際便では鳥肉を持ってくる人は少ないと思うけど、国内ではいるでしょう」(中国人観光客)

 多くの中国人は旅行中に自炊するための食材としてか、お土産として持参するということです。

 関空の検疫所で行われている検査の様子。

 「いま、バツです。バツのマークを職員がしました」(記者)

 生肉だけではなく、ウインナーやビーフジャーキーなどの肉製品も許可無しでは持ち込むことができず、検疫所では多くの肉製品が没収されていました。

 「関西空港では中国便が一番就航している空港。中国からの客が持ち込むソーセージ類、アヒル肉とかニワトリの肉」(動物検疫所技官・2010年当時)

 今回、空港で没収された鳥肉から検出された鳥インフルエンザのウイルス。これまでは、日本に飛来する野鳥などがニワトリなどに接触することで感染するとされてきましたが、専門家は新たな「感染ルート」に注意が必要だといいます。

 「観光客が宿泊施設で調理することになる。皮とか骨とか捨てる部分からの鳥インフルエンザウイルスの汚染の広がりもありうる」(京都産業大学・鳥インフルエンザ研究所 大槻公一教授)

 新たな感染を防ぐためにも水際阻止が重要になりますが、中国などからの訪日外国人が増加する中、検疫の限界を指摘する声もあります。
http://www.mbs.jp/news/kansai/20170313/00000052.shtml

中国からの渡航者が持ち込みの鶏肉から鳥インフル検出【NHKニュース2017年3月14日】
中国からの渡航者が許可なく持ち込もうとして空港で見つかった鶏肉などから、鳥インフルエンザウイルスが検出されたことがわかり、専門家は、人への感染の可能性は低いとしていますが、「あまり想定されていないウイルスの侵入ルートで、水際対策の強化が重要だ」としています。
農林水産省の動物検疫所と北海道大学は、おととし6月からことし2月にかけて、許可なく日本国内に持ち込もうとして空港などで見つかった鶏肉など228の検体を調べました。

その結果、中国からの渡航者が持ち込もうとしたニワトリとアヒルの肉、合わせて3点からH5N1型とH5N6型の高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されたということです。

動物検疫所によりますと、海外から肉類を持ち込む際には、許可を得ることが必要ですが、個人の場合、ルールを知らずに持ち込むことがあるということです。

京都産業大学の鳥インフルエンザ研究センターの大槻公一センター長は人への感染の可能性は低いとしたうえで、「中国や東南アジアでは1年中、鳥インフルエンザが発生し、季節に関係なくウイルスが持ち込まれる可能性がある。あまり想定されていないウイルスの侵入ルートで、国内に持ち込ませない水際対策の強化が重要だ」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170313/k10010909631000.html

中国からの渡航者が持ち込んだ鳥肉からインフルエンザ【ハザードラボ2017年3月14日】
13日に記者会見で話す菅官房長官(政府インターネットテレビ)
 中国からの渡航者が日本に持ち込もうとして空港で没収された鶏やアヒルの生肉から、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されていたことを、菅義偉官房長官が13日午後の会見で明らかにした。

 昨年秋以降、世界各地で鳥インフルエンザウイルスが猛威を振るっており、なかでも中国や韓国、ベトナムでは昨年秋以降、生きた家禽市場や養鶏場を中心に、相次いで感染が報告されている。

 こうしたなか、菅官房長官は13日午後の会見で、中国からの渡航者が、日本に持ち込もうとして空港で没収された鶏肉などから、鳥インフルエンザウイルスが検出されていたことを明らかにした。

 海外から輸入される肉類は、検査証明書がなければ、日本国内へ持ち込むことが認められておらず、鳥インフルエンザが発生した国の食肉は、国際獣疫事務局を通じて各国への輸出入が停止される措置を取っている。

 個人の渡航者が携行品として飛行機で持ち込む場合も同じ法律が適用されるが、訪日外国人旅行者の増加に伴って、病原体の侵入リスクが高くなっているのも事実だ。

 菅官房長官は会見で「動物検疫所の職員を増強して水際対策を強化するとともに、海外の航空各社や外国政府と協力して、入国者に対する畜産物持ち込み規制に関する情報を周知徹底するよう全力で取り組んでいく」考えを示した。
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/9/19413.html

http://archive.is/5grha
http://archive.is/sRvqc
http://archive.is/wJqoC
http://archive.is/zRpqH
http://archive.is/wAS7l
http://archive.is/Zkuzk
モバイル遺伝子検査機の開発に成功〜現場に持ち込み、細菌やウイルスを約10分で検出〜 平成29年2月8日プレスリリース(科学技術振興機構(JST)、日本板硝子株式会社、産業技術総合研究所)【プレスリリース2017年2月10日】(鳥インフルエンザ)
<仙台空港>家畜の伝染病侵入 探知犬が防ぐ【河北新報オンラインニュース2016年11月17日】
検疫探知犬 2頭が関空で新たに加入 「ボウ」と「ジャグ」 /大阪【毎日新聞2016年5月26日】(鳥インフルエンザ/既報関連2ソース)
におうぞ!怪しい食べ物 関空で検疫探知犬が活躍【朝日新聞デジタル2016年3月2日】(鳥インフルエンザ)

posted by BNJ at 12:10 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: