2017年03月18日

那須どうぶつ王国に「熱帯の森」 新屋内施設、18日オープン【下野新聞SOON2017年3月18日】(オウギバト/オニオオハシ)

 那須町大島の那須どうぶつ王国で熱帯に生息する動物を間近で観察できる新屋内施設「熱帯の森」(約400平方メートル)が18日にオープンするのを前に、報道関係者向け内覧会が17日、同施設で開かれた。

 施設内は約25〜30度の室温に保たれ、2メートルの高さから水が流れ落ちる滝などを整備。クワズイモなどを植栽し、熱帯雨林の環境を再現した。

 展示するのは約15種50頭。世界最大のハトの「オウギバト」や黄色い大きなくちばしが特徴の「オニオオハシ」、「フタユビナマケモノ」などが放し飼いされ、動物の息吹を間近で感じることができる。

 このほか愛らしい動きを見せる「コモンマーモセット」が室内の森を自由に駆け巡り、体長が最大2メートルにも成長する「ボールニシキヘビ」などをガラス越しに見学できる。

 同園の佐藤哲也(さとうてつや)園長は「動物がすんでいる熱帯の世界に人間が足を踏み入れたようなイメージで、動物本来の動きを見てほしい」と話していた。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20170318/2632573

熱帯動物と触れ合おう! 那須どうぶつ王国に新施設【産経ニュース2017年3月19日】
 那須どうぶつ王国(那須町大島)に18日、新展示施設「熱帯の森」がオープンした。熱帯で暮らす動物たちの環境を再現。動物や鳥たちが放し飼いされ間近で触れ合うことができる。

 新施設は同王国が開園20周年を記念し、旧わん・にゃんリビングなどが入っていた建物を全面改装、拡張した屋内施設。広さ約400平方メートル。熱帯植物などが植栽され、2メートルの高さから落ちる滝は中央の2の池に流れ込む。施設内は自然光と空調で25〜30度に保たれ約15種50匹が展示されている。このうち、「オウギバト」「クビワコガモ」「フタユビナマケモノ」など9種39匹が放し飼いされている。またガラス展示では「ボールニシキヘビ」「コツメカワウソ」などが見学できる。

 この日はオープンを記念してテープカットなどのセレモニーが行われた後、家族連れなどが来場。目の前を歩くカメや飛び立つ鳥などを見て歓声をあげ、家族で訪れたという、さいたま市の男性(32)は「触れ合いのレベルが違う」と話していた。
http://www.sankei.com/region/news/170319/rgn1703190025-n1.html

http://archive.is/RRsyw
http://archive.is/oiLr1

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: