2017年03月18日

社告 毎日新聞・春の新紙面 世の中のナゼに迫る【毎日新聞2017年3月18日】(「野鳥とともに」)

アクセス 関心や疑問、即答します デジタルで速報
 <access>

 新聞やテレビ、ネットニュース、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などさまざまな媒体で多様なニュースが次々と流れる今、「アクセス」は話題のニュースを素早く掘り下げ、他の記事とは一味違う切り口で伝えます。

 扱うテーマは、政治や経済から事件、スポーツ、芸能、子育てや医療など身近な話題まであらゆるジャンル。誰もが今読みたいと思っている「あの人」の本音に迫るインタビューや、話題になっている出来事の「今さら聞けない基礎知識」を分かりやすく紹介する記事などにも取り組み、読者の皆さんの関心や疑問にいち早く応えていきます。

 また、この記事は原則として、紙面より先にニュースサイトに掲載する「デジタルファースト」に取り組みます。読み応えのある記事をよりスピーディーに届けます。=4月から随時掲載

ドキュメント 仕事の今に密着
 <document>

 世の中にはいろいろな職業があります。働く人たちと現場で、さまざまなドラマを織りなします。そうした日常と風景を丹念につづるのが、新連載「ドキュメント」です。

 日本はいま、少子高齢化による労働力人口の減少、改善されない長時間労働などのため「働き方改革」が問われています。働く現場と働く人々はこれからますます注視されるでしょう。

 教育、医療、福祉、農業、工業……。さまざまな現場で汗を流して働いている人たちは、日ごろ何を見て、いかに考えているのでしょうか。

 記者が現場で密着し、主人公を通して、いまの社会を見つめます。日本が抱える問題や課題が見えてくるかもしれません。それらを読者に伝え、ともに考えていきます。=2面に随時掲載

社会面 朝から数独 「上級」にもトライ
 <SUDOKU>

 夕刊で好評のパズル「毎日数独」(制作/ニコリ)に加えて、「朝から数独」として、27日から朝刊でも毎日掲載します。普段は気軽に楽しめる「初級」、毎週水曜日はちょっと難しい「中級」です。このうち4月以降の最終水曜日は3カ月に1回、以前からご要望の多い「上級」になります。最初は4月26日です。どんどん挑戦してください。

 まだ数字の入っていないマスに1から9までの数字のどれかを一つずつ入れるパズルです。0は使いません。タテ列(9列あります)、ヨコ列(9列あります)、太線で囲まれた3×3のブロック(九つあります)のどれにも、1から9までの数字が一つずつ入るようにします。

ネットウオッチ 真相や背景、深掘り
 <net watch>

 インターネットは今や、多くの人にとって情報を得るために欠かせない手段となっています。そんな中、「ネットウオッチ」はフェイク(偽)ニュースや怪しげな情報、「炎上」している事例などを素早く取材し、真相はどうなのか、背景には何があるのかなどを探って伝えます。

 先の米国大統領選では民主党候補だったヒラリー・クリントン氏を標的にしたフェイクニュースが横行し、選挙結果に影響したとの指摘が出ています。日本でも根拠のはっきりしない記事を載せた医療情報サイトが公開中止に追い込まれる事態が発生するなど、ネット上にはデマ情報や根拠の怪しい情報が多数流れているのが実情です。こうした情報の拡散を防ぐ取り組みの重要性が高まる中、新聞紙面とニュースサイト双方に取り組む新聞社ならではの記事を発信していきます。=4月から総合・社会面で随時掲載

文化面 キーマンと対談
 土曜文化面では第4週に「武田砂鉄の気になるこの人」がスタート。ライターで編集者の武田砂鉄さんが、政治や経済、文化など時々に注目を浴びている人や、それぞれの分野でのキーマンをゲストに招き対談します。初回は4月22日。

 第5週「沖縄論壇時評」は、本土出身のフリーライターで元沖縄タイムス記者の渡辺豪さんが、沖縄地方紙2紙や地方出版物、沖縄でのみ流通するオピニオン誌などをもとに、本土と大きく違う、沖縄の言論空間を読み解きます。4月29日スタートです。

環境面 Country Gentleman(カントリージェントルマン) C・W・ニコル 自然と社会つづる
 水曜日の環境面(隔週掲載)では、自然を主題とした数々の著作で知られる作家、C・W・ニコルさんのコラム「CountryGentleman(カントリージェントルマン)」を掲載します。月1回、29日スタートです。ニコルさんが長年再生に取り組んでいる「アファンの森」(長野県信濃町)の四季折々の写真とともに、自然や現代社会への思いをつづります。また、「日本野鳥の会」のメンバーが国内各地の貴重な野鳥生息地を紹介する「野鳥とともに」も始まります。初回は4月12日掲載です。

1面 すっきり、読みやすさ追求
 1面は27日から、さらにすっきり読みやすいレイアウトになります=イメージ。

 読者の皆様を旬のニュースや知っておきたい記事に案内する「NEWSLINE」コーナーを昨秋に続いて拡充します。その日のニュースをビジュアルに紹介するだけでなく、くらしナビ面やオピニオン面、特集記事などからおすすめの記事を紹介する「TOPICS」欄を新設します。ぜひ活用ください。

 名物コラムの「余録」もスタイルを一新。2段組みにして読みやすさを追求します。

 また天気予報コーナーは、「明後日」以降の2日分と天気図を社会面に移します。これまでよりも広くなった1面で、特ダネをはじめ旬のニュースをたっぷりとお届けします。ご期待ください。

国際面 #Beautiful Name
 名前。この星に暮らす74億の一人ひとりが大切な人から授けられたもの。世界各地で出合ったビューティフルネームを笑顔と共に届けます。27日から始まります。「世界の笑顔」「スマイル」の後継として模様替えしました。お楽しみに。

経済面 雨のち晴れ
 毎週火曜朝刊に企業トップが登場する「転機」は、タイトルを「雨のち晴れ」に変えてリニューアルします。初回は4月4日。第一線で活躍する経営者が、かつての挫折や失敗の経験から何を学び、今に生かしているのかを語ります。

希望新聞
 東日本大震災の被災者と全国をつなぐ「希望新聞」(月1回掲載)で、お笑いタレント、マギー審司さんのコラムを始めます。マギーさんは宮城県気仙沼市出身。震災後、ボランティア活動で被災者を励まし続けています。
http://mainichi.jp/articles/20170318/ddm/010/040/027000c

http://archive.is/fGqxK

posted by BNJ at 11:21 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: