2017年03月22日

22日から鳥類展示再開 横浜市立動物園【神奈川新聞ニュース2017年3月22日】(他1ソース)

 横浜市は22日から、市立動物園全園で鳥類の展示を順次再開する。21日に発表した。東京都などの野鳥重点監視区域が20日までに解除されたことに伴い、昨年12月から鳥インフルエンザの感染防止のために行ってきた対応策を終了する。

 対象は、よこはま動物園ズーラシア(旭区)、金沢動物園(金沢区)、野毛山動物園(西区)、野毛山分園の万騎が原ちびっこ動物園(旭区)で、2月9日から展示を見合わせてきた。

 また、昨年12月から各園で見合わせてきた鳥類と直接触れ合うコーナーも再開。入退園時の靴底や車両の消毒などは取りやめる。ズーラシアのバードショーは再開に向けたトレーニングを行うため、4月以降に再開する。
http://www.kanaloco.jp/article/239226/

横浜市立動物園の鳥類展示を再開へ きょうから順次【産経ニュース2017年3月22日】
 横浜市は21日、鳥インフルエンザ感染防止策として平成28年12月7日以降、実施してきた市内4カ所の市立動物園での鳥類の展示見合わせなどを解除し、22日から順次、再開すると発表した。今回、東京都などの野鳥重点監視区域の指定が解除されたことに伴う措置。「よこはま動物園ズーラシア」(旭区)のバードショーに関しては、展示再開に向けたトレーニングが必要なことから、再開時期は現時点で未定としている。

 市では、鳥インフルエンザの感染防止策として、ズーラシアのほか、野毛山動物園(西区)、万騎が原ちびっこ動物園(旭区)、金沢動物園(金沢区)で全ての鳥類の展示を見合わせていた。また、各動物園共通で、入退園時の靴底や園内に入る車両などの消毒の実施、傷病鳥類受け入れの原則休止などの対応を行っていた。
http://www.sankei.com/region/news/170322/rgn1703220036-n1.html

http://archive.is/6HBqd
http://archive.is/apg7U

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: