2017年03月23日

【探鳥】ミツユビカモメ(三趾鴎) 潮風に飛ぶ【東京新聞2017年3月23日】

 千葉県銚子市の銚子漁港で2月下旬、潮風に吹かれて飛ぶミツユビカモメ。懸命に飛ぶ姿は1970年代に大ヒットした小説「かもめのジョナサン」を思い出させた。外洋性のカモメ類で沖合が荒れると港や沿岸などに飛来する。くちばしは黄色で足は黒い。
 ロシアやアラスカなどの海岸で繁殖し、北太平洋などの外洋で越冬する。3年目で成鳥羽に。幼鳥は翼上面の黒いM字模様で人気がある。翼を広げると90センチを超える。全長41センチ。(写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2017032302000167.html

http://archive.is/RSynB

posted by BNJ at 11:19 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: