2017年03月23日

受講者募集 相模の山里と海辺の古道を歩こう―丹沢・鎌倉・三浦・箱根【タウンニュース町田版2017年3月23日】

 「自然とアコースティック」をコンセプトに様々な講座を開講している森羅万象のカルチャースペース万象房(ばんしょうぼう)では、通年講座「相模の山里と海辺の古道を歩こう―丹沢・鎌倉・三浦・箱根―」の新年度の受講希望者(木曜組)の募集を開始した。

 講師複数体制(歴史・植物・キノコ・野鳥・地質の全分野に対応)で自然を感じられる古道に沿って解説とともに尋ね歩くアカデミックなウォーキング。地図やガイドブックにない道を探訪、自然の中で同好の仲間作りが出来るのも魅力。

リピーター多数

 年間11回開講(夏休みあり)、受講料は保険料込みで年間32500円(交通費別)。毎月第2木曜日原則。なお荒天などによる順延日あり。希望者には講座案内書類が郵送されるので住所・名前・電話番号・メールアドレス(無い場合は未記入)を万象房カルチャーまで。各組定員15人の少人数制で11年目に入りリピーターも多い講座。お申込みはお早めに。5月スタートで、予定は以下の通り。

 ○…秦野千村・渋沢の里山と古道、○…三浦大峰山と葉山の海岸線、○…津久井藤野と相模川、○…箱根大涌谷と芦ノ湖、○…奥武蔵遠征:高麗郷、○…鎌倉常盤山緑地と大仏切通し、○…清川村煤ヶ谷と飯山白山、○…駿河遠征:足柄峠を越えて、○…江ノ島と江ノ島道、○…相模大山山麓の歴史と自然、○…厚木荻野から山伏の里八菅へ
http://www.townnews.co.jp/0304/2017/03/23/374895.html

http://archive.is/sY9UA

posted by BNJ at 11:22 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: