2017年03月23日

千葉で鳥インフルエンザか 簡易検査で陽性【日テレNEWS24 2017年3月23日】

千葉県旭市の養鶏場で23日、ニワトリが26羽死んでいるのが見つかり、簡易検査でインフルエンザの陽性であることが確認された。千葉県では確定に向けた検査を行っていて、高病原性ウイルスが確認されれば養鶏場の全ニワトリ約6万8000羽を殺処分へ。
記事全文
 千葉県旭市の養鶏場で、鳥インフルエンザへの感染が疑われるニワトリが見つかった。千葉県では確定に向けた検査を行っていて、高病原性ウイルスが確認されれば殺処分の作業が行われる。

 千葉県によると、旭市の養鶏場で23日、ニワトリが26羽死んでいるのが見つかり簡易検査を行ったところ、インフルエンザの陽性であることが確認された。

 千葉県では確定に向けた検査を行っていて、24日未明にも結果が判明するという。高病原性ウイルスが確認されれば、養鶏場のすべてのニワトリ約6万8000羽の殺処分を行うことにしている。
http://www.news24.jp/articles/2017/03/23/06357224.html

旭の養鶏場 鳥インフル陽性疑い【千葉日報ウェブ2017年3月23日】
 千葉県は23日、旭市内の養鶏場で計118羽の鶏が死んでいるのが見つかり、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。より詳しい遺伝子検査で陽性だった場合は養鶏場の約6万8千羽を殺処分 ・・・

【残り 195文字】
http://www.chibanippo.co.jp/news/politics/396248

鳥インフル 千葉の養鶏農場から陽性反応【毎日新聞2017年3月23日】
 千葉県は23日、同県旭市の養鶏農場から、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。遺伝子検査で高病原性鳥インフルエンザと確認されれば家畜伝染病予防法に基づき、この農場の約6万8000羽を殺処分する。

 県によると、農場の鶏舎3棟のうち1棟の採卵鶏が21日に14羽、22日に78羽、23日に26羽死んだ。東部家畜保健衛生所(同県東金市)が死んだ10羽を簡易検査したところ、全羽から陽性反応が出た。【阿部義正】
http://mainichi.jp/articles/20170324/k00/00m/040/115000c

http://archive.is/NO1GR
http://archive.is/6TEXH
http://archive.is/DwTny

posted by BNJ at 22:57 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: