2017年03月24日

宮城で鳥インフル 岩手県も対策本部【IBC岩手放送2017年3月24日】(他2ソース)

宮城県栗原市の養鶏場で、死んだ鶏から病原性の高い鳥インフルエンザウイルスが検出されたことが24日、わかり22万羽が処分されています。半径10キロ以内に岩手県内の養鶏場が含まれていることから、県も車両の消毒などの対応を進めています。
感染が確認された宮城県栗原市の養鶏場から半径10キロ以内は、鶏やえさなどの運び出しを禁止する「搬出制限区域」に指定され、一関市内の5つの養鶏場が含まれています。県は24日未明に「高病原性鳥インフルエンザ対策本部」を設置し、一関市内の3か所で、養鶏場に出入りする車両の消毒を行っているなど、対応を発表しました。5つの養鶏場で飼育されている、合わせておよそ26万羽に異常は確認されていません。
http://news.ibc.co.jp/item_29660.html

県が鳥インフル対策本部設置 宮城で高病原性を検出【岩手日報WebNews2017年3月25日】
 宮城県は24日、同県栗原市の養鶏場で死んだ鶏を遺伝子検査した結果、H5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表し、飼育している22万羽の殺処分を始めた。千葉県旭市の養鶏場でもH5型の感染が確認され、同県が6万8千羽の処分を開始。対象は計28万8千羽に上る。

 一関南部を搬出制限 域内5農場異常なし

 宮城県栗原市の養鶏場の鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたため、県は24日、対策本部(本部長・達増知事)を設置。同養鶏場の半径10キロ以内の一関市南部を搬出制限区域に指定し、区域内の5農場で異常がないことを確認した。同市内で畜産関係車両の消毒を行っている。

 消毒作業は同市内の国道3カ所で県職員3、4人が8時間ずつ24時間態勢で実施。同市萩荘の国道457号沿いでは、県職員4人が交通誘導や噴霧作業に当たった。養鶏農家に出入りするトラックや軽トラックなどが立ち寄り、県職員が消毒液をタイヤや車の下回り、フロアマットなどに念入りに噴射。運転手や同乗者の靴も消毒していた。

 搬出制限区域内の5農場では、ブロイラーとブロイラーの卵を産む種鶏計約26万羽を飼育。同区域では鶏などの搬出が禁止されるが、異常がなかったため農林水産省が種鶏を扱う2農場の搬出を認めた。ブロイラーを扱う3農場は現在出荷の時期ではなく、出荷の時期が差し迫った場合に県が農水省と協議する。県は今後、毎日5農場の鶏の死ぬ状況を確認する。
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170325_3

宮城・栗原で“鳥インフル” 県が対応協議(岩手県)【NNNニュース2017年3月24日】
岩手県境に近い宮城県栗原市の養鶏場で高病原性の鳥インフルエンザの感染が確認されたことを受け、県は対応を協議。宮城県栗原市の養鶏場では死んだニワトリから毒性の強い高病原性の鳥インフルエンザが確認された。養鶏場から半径10キロの『搬出制限区域』には一関市が含まれている。このため県では、対策本部会議を開き対応を確認した。県によると区域内には5つの養鶏場があり、あわせて約26万羽が飼育されているが、23日までに異常は確認されていない。24日未明からは市内の3ヶ所に畜産関係の車両の消毒を行なうポイントを設けたほか、各養鶏場でも鳥の状況を確認することにしている。
http://www.news24.jp/nnn/news88512897.html

http://archive.is/s34md
http://archive.is/B0pyY
http://archive.is/5On06
鳥インフルエンザ ニワトリ22万羽の処分続く 宮城【NHKニュース2017年3月24日】(鳥インフルエンザ宮城県栗原市関連24日分)

posted by BNJ at 21:46 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: