2017年03月24日

鳥インフルエンザ ニワトリ6万羽余の処分急ぐ 千葉【NHKニュース2017年3月24日】(鳥インフルエンザ千葉県旭市関連24日分)

千葉県旭市の養鶏場で、ニワトリから鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受けて、千葉県は飼育されているニワトリおよそ6万8000羽の処分を急いでいます。
千葉県旭市の養鶏場では、23日までの3日間に、合わせて118羽のニワトリが死んでいるのが見つかり、県が詳しく検査した結果、「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。

これを受けて千葉県は自衛隊にも協力を要請し、24日午前5時からおよそ600人態勢で、この養鶏場で飼育されているニワトリおよそ6万8000羽と卵の処分を始めました。

千葉県によりますと、午後4時現在で、およそ24%にあたる1万6860羽を処分したということです。千葉県は、25日朝までにすべてのニワトリの処分を終え、今月27日までに穴に埋めるなどのウイルスを封じ込める作業を終えたいとしています。

また県は、この養鶏場から半径3キロ以内にある6つの養鶏場を対象にニワトリや卵の移動を禁止するとともに、3キロから10キロの範囲にある58の養鶏場に対しても、域外への出荷などを禁止する措置を続けています。

これらの養鶏場について、県がニワトリが死んでいないかなどを調べた結果、これまでに異常は確認されなかったということです。
消毒ポイントを設置
千葉県は、養鶏場からおおむね半径10キロの範囲に消毒ポイントを設け、感染拡大の防止にあたっています。

消毒ポイントが設置されたのは、養鶏場からおおむね半径10キロの範囲にある旭市や銚子市など5つの市と町の合わせて7か所です。

このうち、養鶏場からおよそ5キロ離れた旭市高生の消毒ポイントでは、千葉県の職員が畜産関係の車両に消毒液をスプレーで吹きつけて、消毒作業にあたっていました。千葉県は、これらの消毒ポイントでは24時間態勢で対応し、感染拡大を防ぐとしています。
千葉県 卵の出荷量は全国2位
千葉県畜産課によりますと、千葉県は平成26年の卵の出荷量が17万トン余りで全国で2番目に多く、去年の時点で164の養鶏農家が採卵のためにおよそ1007万8000羽のニワトリを飼育しています。
鳥インフルエンザの発生により移動や出荷が制限されている区域には、採卵のための養鶏農家が51軒あり、県全体の40%近くにあたるニワトリおよそ400万羽を飼育しているということです。
これらの養鶏場では、現在出荷できなくなっていますが、県によりますと、遺伝子検査など必要な検査を受ければ数日で出荷できるようになるということです。
県や金融機関が相談窓口
日本政策金融公庫は、農家や加工・流通に関する業者などを対象に、融資や返済に関する相談窓口を千葉支店に設けました。

連絡先の電話番号は0120−926−471で、平日の午前9時から午後5時まで受け付けているということです。

また千葉県も、畜産課などの各部署や家畜保健衛生所で、感染防止や融資、ペットなどに関する相談窓口を設けていて、それぞれの連絡先は千葉県のホームページで確認できるということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170324/k10010922851000.html

千葉も鳥インフル確認 6万8千羽殺処分開始【産経ニュース2017年3月24日】
宮城県栗原市の農場で高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染が確認され、殺処分などの処理をする関係者=24日午前6時30分ごろ
 千葉県は24日、同県旭市の養鶏場で21日以降に死んだ鶏を遺伝子検査した結果、H5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染を確認したと明らかにした。県は養鶏場で飼育されている約6万8千羽の殺処分を開始した。

 千葉県は24日、県庁に対策本部を設置。養鶏場から半径3キロ以内を鶏や卵の移動制限区域とし、半径3〜10キロの範囲は搬出制限区域に設定して域外への運び出しを禁じる措置を取ったほか、周辺に消毒ポイントを設置した。

 千葉県によると、21〜23日に計118羽の鶏が死んでいるのが見つかり、23日、養鶏場から県の東部家畜保健衛生所(東金市)に連絡があった。うち10羽を簡易検査で調べたところ、いずれも陽性反応を示した。10羽とは別の5羽についても、より詳しい遺伝子検査をしていた。
http://www.sankei.com/life/news/170324/lif1703240021-n1.html

宮城と千葉で高病原性鳥インフル…殺処分始まる【読売新聞2017年3月24日】
鳥インフルエンザが発生し、殺処分が進む養鶏場(24日午前11時5分、宮城県栗原市で、読売ヘリから)=武藤要撮影
飼料運搬トラックを消毒する作業員(24日午前、千葉県旭市で)
飼料運搬トラックを消毒する作業員(24日午前、千葉県旭市で)
宮城と千葉で高病原性鳥インフル検出
宮城と千葉で高病原性鳥インフル検出
 宮城、千葉両県は24日、両県の養鶏場で見つかった鶏の死骸の遺伝子検査で、毒性の強い高病原性鳥インフルエンザウイルス「H5亜型」を検出したと発表した。

 宮城県栗原市では約22万羽、千葉県旭市では約6万8000羽の殺処分が家畜伝染病予防法に基づき始まった。すべてが採卵用の鶏だという。

 農林水産省によると、昨年11月以降、国内の養鶏場や農場で確認された鳥インフルエンザの発生は計12件となった。2016年度の1件あたりの殺処分数としては、栗原市のケースが新潟県関川村での約31万羽などに続き4番目の規模になる。

 栗原市では24日午前3時、自衛隊員と宮城県職員計約350人態勢で殺処分が始まった。県は27日未明までの埋却完了を目指しており、感染が確認された養鶏場から半径3キロ圏内を鶏や卵の移動を禁じる「移動制限区域」に、同10キロ圏内は域外への搬出を制限する「搬出制限区域」に設定した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170324-OYT1T50018.html

宮城・千葉で鳥インフル確認 養鶏場で殺処分始まる【朝日新聞デジタル2017年3月24日】
鳥インフルエンザウイルスが確認された養鶏場=24日午前10時10分、宮城県栗原市、本社機から、越田省吾撮影
写真・図版
[PR]
 宮城県は24日未明、同県栗原市の養鶏場の採卵鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が確認されたと発表した。感染拡大を防ぐため、この養鶏場の約22万羽すべての殺処分と、卵約20万個の廃棄処理を始めた。宮城県内の養鶏場からの発生は初めて。

特集:鳥インフルエンザ
 23日に簡易検査で陽性反応が出たため、遺伝子検査をしていた。27日未明までの処分完了を目指しており、県職員や自衛隊など計約350人が3交代制で殺処分と埋却作業を進める。

 県によると23日午後1時55分、養鶏場から「3日続けて鶏舎の同じ場所で鶏が死んでいる」と通報があった。21日に17羽、22日に34羽、23日に45羽と3日間で計96羽が死んだ。このうちの5羽と生きている2羽を簡易検査したところ、6羽からA型鳥インフルエンザの陽性反応が出ていた。

 県は県庁と現地に対策本部を設置。家畜伝染病予防法に基づいて、この養鶏場の3キロ圏内を「移動制限区域」として、区域内の3軒の養鶏場(計約5万5千羽)の鶏や卵などの移動を禁止した。また半径3〜10キロを「搬出制限区域」に設定し、養鶏農家2軒(計約24万羽)の域外への出荷などを禁じた。(山田雄介)

     ◇

 千葉県旭市の養鶏場で死んだ鶏から、鳥インフルエンザの簡易検査で陽性反応が出た問題で、千葉県は24日、遺伝子検査の結果、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が確認されたと発表した。感染拡大を防ぐため、県はこの養鶏場で飼育する採卵鶏約6万8千羽の殺処分と卵約2千キロの処分を始めた。県職員や自衛隊など計567人が3交代制で作業にあたり、殺処分は25日未明までの完了を目指す。

 さらに半径3キロ以内の農場の鶏などの移動を禁じ、半径10キロ以内にある農場64戸で飼育される515万5千羽や卵などの域外への搬出を禁じた。
http://www.asahi.com/articles/ASK3S24M1K3SUNHB001.html

鳥インフル、殺処分続く 宮城と千葉で計28万羽【共同通信2017年3月24日】
高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出され、被害拡大を防ぐための殺処分が続けられている宮城県栗原市の養鶏場=24日(共同通信社ヘリから)
 養鶏場で死んだ鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された宮城、千葉両県は24日午後、被害拡大を防ぐための殺処分を続けた。対象は宮城22万羽、千葉6万8千羽で、計28万8千羽に上る。

 宮城県は発生場所となった栗原市の養鶏場で、自衛隊の協力を得て殺処分を続けている。27日未明までに全ての鶏を土中に埋めたい考えだが対象が多く、ずれ込む可能性があるとしている。周辺農場で新たな被害は確認されていない。

 栗原市の養鶏場では21〜23日に計96羽が死んでいるのが見つかり、24日未明にH5型の感染が確認された。
https://this.kiji.is/217889108561707009?c=39546741839462401

http://archive.is/6fAS5
http://archive.is/3RxNl
http://archive.is/IoRqL
http://archive.is/PHuvC
http://archive.is/jvsXK
千葉で鳥インフルエンザか 簡易検査で陽性【日テレNEWS24 2017年3月23日】

posted by BNJ at 21:55 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: