2017年03月23日

いきもの便り 伊勢シーパラダイス 8組のペンギン父母、交代で子育てに奮闘 /三重【毎日新聞2017年3月23日】

子育て中のペンギン=伊勢シーパラダイス提供
 8ペアの親ペンギンたちが子育てに奮闘中です。伊勢シーパラダイスではペンギンを土の上で飼育しているので、親ペンギンたちは器用に土を掘り起こして穴を掘り、そこに卵を産みます。父親と母親が交代で卵を温めるのです。

 ひながふ化すると、親鳥は交代で食事を与えるなど、育児に大忙しです。ペンギンは人間のように母乳を飲むことはできません。親鳥は飼育スタッフからもらった魚を食べ、胃の中で消化した柔らかい魚を吐き戻してひなたちに与えます。親たちは自分たちの分とひなに与える分の通常の約2倍の魚をモリモリと食べています。

 親鳥の足元には、くちばしを突き出しながらピーピーと鳴いて餌をねだるひなや、温めている途中の卵が見えます。ペンギンたちの足元をじっくりと観察してみてください。(飼育係・田村龍太)

〔三重版〕
http://mainichi.jp/articles/20170323/ddl/k24/070/129000c

http://archive.is/4K68a

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: