2017年03月26日

ニワトリ約6万2000羽の殺処分が終了 千葉・旭市【テレ朝ニュース2017年3月26日】(鳥インフルエンザ千葉県旭市26日分)

 千葉県は、24日に千葉県旭市の養鶏場で感染が確認された高病原性鳥インフルエンザについて、当該の養鶏場でニワトリの殺処分が終了したと発表しました。

 旭市の養鶏場で死んだニワトリから確認された鳥インフルエンザウイルスは分析の結果、これまで国内で確認されているものと同じ高病原性のH5N6亜型であることが判明しました。県によりますと、25日までに当該の養鶏場で約6万2000羽のニワトリの殺処分が終わり、移動を制限された半径3キロ以内にある6つの養鶏場すべてで異常のないことが確認されたということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000097231.html

鳥インフルエンザ 千葉の養鶏場、殺処分終える【毎日新聞2017年3月26日】
 千葉県は25日、高病原性鳥インフルエンザ(H5型)の感染が確認された同県旭市の養鶏場での殺処分を、同日午後0時半に終えたと発表した。対象は台帳を基に約6万8000羽としていたが、実際に飼育されていた約6万2000羽を処分した。27日までに処分した鶏の死骸や卵、ふんの埋却を終える予定だ。
http://mainichi.jp/articles/20170326/ddm/041/040/102000c

養鶏場の殺処分終了 10キロ内異常なし 旭の鳥インフル【千葉日報ウェブ2017年3月26日】
 旭市の養鶏場で鳥インフルエンザが発生した問題で、県は25日、同養鶏場で飼育していたすべての鶏の殺処分が終了したと発表した。家畜保健衛生所への届け出数は約6万8千羽だが、実際に処分したのは6万1 ・・・
【残り 339文字】
https://www.chibanippo.co.jp/news/politics/396728

http://archive.is/HypkE
http://archive.is/xyZ5H
http://archive.is/OfAgN
鳥インフル 千葉の養鶏場、殺処分終わる【毎日新聞2017年3月26日】(鳥インフルエンザ千葉県旭市関連25日分)

posted by BNJ at 12:08 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: