2017年03月28日

米国ジョージア州 鳥インフルで家きん肉等輸入停止【JAcom農業協同組合新聞2017年3月28日】

 農水省は3月27日、米国ジョージア州からの家きん、家きん肉などの輸入を停止した。

 27日に米国ジョージア州の肉用種鶏農場で低病原性鳥インフルエンザ(H7亜型)の発生が確認された。同病の日本への侵入防止のため同日、輸入を停止した。
 輸入を停止したのは、生きた家きんは同州全域から、家きん肉等は同州の発生場所から半径10km以内の地域のもの。
 昨年の米国からの輸入実績は生きた家きんのひなが16万8316羽、家きんの肉等が2万2499t、家きんの卵が8537t。米国の総生産量のうち同州ではブロイラーが約15.4%、卵が約5.0%を占めている。
http://www.jacom.or.jp/niku/news/2017/03/170328-32343.php

http://archive.is/nWykR
世界覆う鶏肉不足の影 ブラジル食肉不正で禁輸、鳥インフル追い打ち【SankeiBiz2017年3月25日】

posted by BNJ at 22:10 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: