2017年03月30日

【始めよう!バードウオッチング】暗闇の鳴き声が「幻想の世界」に導く 豊かな自然多く残る「白川郷」…日中と夜の鳥にぜひ注目★(3)【ZAKZAK2017年3月30日】

オオアカゲラ【拡大】

コノハズク
 「トヨタ白川郷自然學校」は、いくつもの散策コースを備え、バードウオッチングにも適した施設だ。

 日本野鳥の会主席研究員の安西英明さんも、「野鳥の種が豊富で、初心者もベテランも楽しめます」と勧める。

 人気者のキツツキと遭遇するチャンスも多いそうだ。「一般的によく目にするアカゲラやアオゲラより、標高の高いところに生息するオオアカゲラにもよく出合います」

 例年、白川郷は4月初旬に桜の開花が始まり、ゴールデンウイークあたりに見頃を迎えるので、これからしばらくは、桜と合掌造り、オオアカゲラのドラミングという3点セットで楽しむことができる。

 「こうした日中の鳥はもちろん、夜の鳥にもぜひ注目してもらいたい」と安西さん。同施設は、リゾートホテルのような設備の行き届いた宿泊施設を備えているので、ナイトウオークや早朝ウオークもたっぷり楽しめる。施設自慢の天然温泉にゆっくりつかってから出かけるのもおすすめだ。

 「これからの時期、ナイトウオークで鳴き声を聞けるのがコノハズクやヨタカ、トラツグミなど。特にコノハズクとヨタカは、全国をまわっている私でも、もう何年も声を聞いていない珍しい鳥。それが聞ける白川郷はとても貴重なバードウオッチングポイントといえます」

 暗闇に響く鳥の声は、一瞬のうちに幻想の世界に導いてくれる。

 これらさまざまな野鳥を楽しめるのは、そこに豊かな自然が残っているから。

 「同じように、日本全国にはさまざまな野鳥が生息し、多くの渡り鳥が繁殖の地を求めてやってくる場所がたくさんあります。都会でも、緑のある所で野鳥が子育てをします。そうした野鳥たちのためにも、われわれはこの自然や緑をいつまでも守っていかなければならない。そんなことを少し思いながら歩くと、バードウオッチングもより深みが出てくるはずです」 (続く)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170330/dms1703300830001-n1.htm

http://archive.is/FzBaU
【始めよう!バードウオッチング】野鳥の宝庫「霊峰白山」を散策 観察の仕方アドバイスも…初心者が気軽に楽しめるコース (1/2ページ)★(2)【ZAKZAK2017年3月29日】
【始めよう!バードウオッチング】『命のドラマ』を季節ごとに感じるバードウオッチング 「トヨタ白川郷自然學校」初心者を丁寧にサポート【ZAKZAK2017年3月28日】

posted by BNJ at 11:15 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: