2017年03月30日

<鳥インフル>栗原 野鳥大量死なし【河北新報オンラインニュース2017年3月30日】(他1ソース)

 宮城県栗原市の養鶏場で死んだニワトリから高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、環境省は29日、養鶏場から半径10キロ圏で設定している野鳥監視重点区域などを調べた結果、野鳥の大量死は確認されなかったと発表した。
 同省は28、29日、緊急調査チームを現地に派遣し、区域内やその周辺計10地点で野鳥の生息状況などを調べた。同省は引き続き宮城、岩手両県と連携して野鳥の監視を続ける。
 重点区域内で今後も異常がなければ、5月12日午前0時に設定が解除される。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201703/20170330_13036.html

栗原の鳥インフル 野鳥に影響見られず(宮城県)【NNNニュース2017年3月30日】
栗原市で高病原性鳥インフルエンザが発生したことを受けて環境省が調査した結果、周辺の野鳥に影響は認められなかった。緊急調査チームを現地に派遣して鳥インフルエンザが確認された養鶏場から半径10キロ圏内の野鳥39種類を調べた。
http://www.news24.jp/nnn/news8737637.html

http://archive.is/N6XtV
http://archive.is/vMf9q
<鳥インフル>県「予断許さず 状況注視」【河北新報オンラインニュース2017年3月29日】

posted by BNJ at 23:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: