2017年03月31日

コウノトリのヒナ4羽、愛称募集中 徳島・鳴門【朝日新聞デジタル2017年3月31日】

コウノトリの親鳥とヒナたち(読者提供)

 徳島県鳴門市が、野生のコウノトリのヒナ4羽の愛称を募集する。市内の電柱の巣で3月に確認された=写真は読者提供。21日まではがきで受け付ける。

 国内で野生のコウノトリは1971年に絶滅。85年に兵庫県が旧ソ連から譲り受け、野生での繁殖に挑んでいる。ヒナの性別は5月上旬に判明するという。

 巣立ち前に足環(あしわ)を付け、成長して飛び立っても、個体が判別できるようにする。市の担当者は「鳴門からいなくなると困る」と帰巣本能に期待する。

 はがきに、愛称と思いついた理由を書き、鳴門市役所内コウノトリ対策検討チーム事務局へ。問い合わせは事務局(088・684・1183)。
http://www.asahi.com/articles/ASK3W53CVK3WPUTB00P.html

http://archive.is/XA02s
コウノトリの4羽すくすく成長 ひな誕生から1週間 【徳島新聞2017年3月29日】

posted by BNJ at 23:16 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: