2017年04月06日

観覧船の予約スタート 長良川鵜飼、来月11日開幕【岐阜新聞2017年4月6日】(他1ソース)

 5月11日に開幕する岐阜市の長良川鵜飼で、今シーズンの観覧船の予約受け付けが5日始まった。初日に入った予約は計5万7109人(前年同期比8人増)と、例年並みの滑り出しとなった。

 予約は市鵜飼観覧船事務所(岐阜市湊町)の窓口のほか、電話、インターネットで、土日祝日を問わず受け付ける。受付時間は午前9時〜午後5時30分(開幕以降は午後8時)。今季から窓口でクレジットカード決済にも対応できるようになった。

 初日は長良川河畔にあるホテル・旅館や旅行代理店からの予約が相次ぎ、鵜飼開き当日はすでに観覧船約40隻分の予約が入っているという。問い合わせは同事務所、電話058(262)0104。
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170406/201704060841_29371.shtml

長良川鵜飼「6人体制で」 新鵜匠代表の杉山さん報告【中日新聞2017年4月6日】
細江市長にあいさつする杉山雅彦鵜匠代表=岐阜市役所で
写真
 岐阜市の長良川鵜飼の杉山雅彦鵜匠(56)が一日付で新しい鵜匠代表に就き、五日、市役所で細江茂光市長に報告した。五月十一日の開幕に向け「六人体制で始められるよう準備を整えている」と述べた。

 長良川鵜飼は鵜匠六人がそれぞれの鵜舟で漁をする習わし。このうち杉山市三郎鵜匠が昨年五月に水難事故で船頭を亡くして以来、鵜飼いに参加していなかったが「復帰に向けて準備中です」と杉山代表に話しているという。体制が決まり次第、あらためて公表する見込み。

 鵜匠代表は、六人の宮内庁式部職鵜匠のまとめ役で、宮内庁や観覧船を直営する市との窓口などを務める。約十四年間鵜匠代表を務めた山下純司鵜匠(78)は高齢により昨年末に代表を退いた。

 またこれまで、代表と副代表の二人の負担が大きかったため、今後は代表、代表代理二人、代表補佐を設け、四人で窓口や事務といった責務を分担する。

 杉山代表は「あらためて原点に立ち返り、技術の継承や多くの皆さんに見てもらえる鵜飼いについて考えていきたい」と話した。

 (北村希)
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20170406/CK2017040602000039.html

http://archive.is/lOCLq
http://megalodon.jp/2017-0406-2110-39/www.chunichi.co.jp/article/gifu/20170406/CK2017040602000039.html
鳥インフル余波、「長良川鵜飼」練習できず(岐阜県)【NNNニュース2017年3月15日】

posted by BNJ at 21:11 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: