2017年04月06日

珍鳥ヤツガシラのペア仲良く 五島 [長崎県]【西日本新聞2017年4月6日】

2羽並んで餌をついばむヤツガシラ

 国内で観察例が少ない渡り鳥ヤツガシラが2羽一緒にいる珍しい姿を、五島市玉之浦町の草地で記者が撮影した。

 ヤツガシラは体長約25センチで、冠羽と呼ばれる頭上の羽根を広げると扇状になるのが特徴。ユーラシア大陸やアフリカ大陸などに分布し、北方の繁殖地と南方の越冬地を往復する際、時折日本国内で観察されることがあるという。

 草地では、2羽が羽ばたいたり、仲良く虫をついばんだりする姿が見られた。同市木場町の日本野鳥の会会員出口敏也さん(53)によると、複数羽で確認されるのは珍しいという。「色と形がエキゾチックですね」と特徴的な姿に見入っていた。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/319699

http://archive.is/QWdPv

タグ:ヤツガシラ
posted by BNJ at 21:21 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: