2017年04月12日

デジタル野鳥図鑑完成、根室ワイズユースの会【釧路新聞2017年4月12日】

  根室ワイズユースの会(北村信人代表)がデジタル化を進めていた「ニューフィールドガイド根室」=写真=が完成、市のホームページ(農林課)内で公開を始めた。市民有志が1972年に発行していた図鑑を45年ぶりに改訂・更新する形でデジタル化。これに伴い電波が届く範囲であればスマートフォン(多機能電話)でも閲覧できる。  同会はラムサール条約登録湿地「風蓮湖・春国岱」の賢い利用(ワイズユース)思想の普及を目的に活動している。図鑑「フィールドガイド根室」(全4巻)は、市民有志が根室の自然を紹介したもので、絶版となっていることもあり、同会がデジタル時代に併せて電子化に取り組んでいた。メンバーは仕事を抱えてのボランティア作業で、途中スマホの普及もあって仕様変更するなど、計画から約8年を要する大事業となった。
http://www.news-kushiro.jp/news/20170412/201704123.html

http://archive.is/ZvQer
ラムサール条約登録10周年で記念事業/根室【釧路新聞2015年6月12日】

posted by BNJ at 10:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: