2017年04月12日

カラスの巣で1050戸停電【読売新聞2017年4月12日】(会津若松市)

 カラスの巣作りが原因とみられる停電が10日午前7時55分頃から約1時間、会津若松市門田町で発生し、最大1050戸が停電した。東北電力会津若松支社の発表では、電柱上のカラスの巣の枝が配電設備に触れ、電気が電柱を伝い地面に流れたことが原因という。

 同社福島支店によると、カラスの営巣が原因の停電は、県内では毎年春頃に数件起きており、今年は2件目という。
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukushima/news/20170411-OYTNT50174.html

http://archive.is/W51FB
北海道)厄介者のカラスとどう共存【朝日新聞デジタル2017年4月12日】
電柱に鳥の巣、機器に接触して停電 名古屋の1400戸【朝日新聞デジタル2017年4月9日】
唐津など2万2000戸、1分間停電 鳥の巣原因か【佐賀新聞LiVE2017年3月26日】
停電の原因 カラスの巣  九電「見たら連絡を」【大分合同新聞2017年3月26日】
停電被害防げ、電柱のカラスの巣撤去【読売新聞2017年3月25日】(岐阜県)
カラスの巣原因、山形で一時停電【山形新聞2017年3月16日】

posted by BNJ at 11:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: