2017年04月14日

鳥インフルエンザ 立ち入り制限を安曇野市が解除 飛来地2カ所 /長野【毎日新聞2017年4月14日】

 安曇野市は12日、鳥インフルエンザ防止のため制限していた御宝田遊水池と犀川白鳥湖周辺への立ち入りを、正午に解除した。

 昨年12月3日、御宝田遊水池で見つかった野生のコハクチョウ1羽から鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出た。国の確定検査でウイルスは検出されなかったが、コハクチョウ飛来地の両地への立ち入り制限を続けていた。その後、市内で新たな鳥インフルエンザ発症はなく、ハクチョウの北帰行が終わったとみられるため、制限解除を決めた。【小川直樹】
https://mainichi.jp/articles/20170413/ddl/k20/040/099000c

http://archive.is/J3ENu
犀川白鳥湖 餌やり再開 安曇野のコハクチョウ飛来地【信濃毎日新聞2016年12月15日】

posted by BNJ at 12:11 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: