2010年08月11日

トキのヒナ、出雲で誕生を 分散飼育センター完成 島根【産経新聞2010年8月11日】

特別天然記念物・トキの分散飼育地となった島根県出雲市に「トキ分散飼育センター」が完成し、環境省のトキ飼育繁殖専門家会合のメンバーが10日、視察した。11月末から12月初めにかけて、つがい2組の4羽が佐渡トキ保護センター(新潟県佐渡市)から移送され、分散飼育が始まる。

同センターは鉄筋平屋建て延べ約1300平方メートル。総事業費約2億3700万円で、ペアが生活する繁殖ゲージや人工孵化(ふか)させる孵卵室、ヒナを飼育する育雛ゲージ、飼育状況を観察するモニターなどを備える。

1・5ミリ網目の金網を利用して2センチ以上のすき間をなくしたほか、ケージ横に幅1・5メートルのコンクリートを設けテンやイタチなどの外敵侵入を防ぐなどの工夫もほどこされている

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: