2017年04月18日

苫小牧・美沢にタンチョウ飛来 デントコーン畑で餌ついばむ【苫小牧民報2017年4月18日】

デントコーン畑に飛来したタンチョウ=17日、苫小牧市美沢
 苫小牧市美沢のデントコーン畑に17日、タンチョウが2羽飛来した。特別天然記念物の同鳥が市内で見られるのは珍しく、紅色の頭に白い体、黒い尾のりんとした姿が美しかった。

 タンチョウは、枯れたデントコーンの幹が並ぶ畑に立ち、地面の餌をついばんでいた。時々、周囲の様子をうかがうように頭を上げていた。

 タンチョウは、むかわ町で2011年から姿を現すようになり、13年からは市内の苫東地区でも飛来を確認。昨年9月には千歳市内でも2羽が観察されている。道東方面から生息域が拡大しているとみられる。

 車で偶然、現場を通り掛かった男性は「いいものを見せてもらった」と感動した様子だった。
http://www.tomamin.co.jp/20170449671

http://archive.is/lNN8a

タグ:タンチョウ
posted by BNJ at 22:18 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: