2017年04月19日

卓上四季 大造じいさん【どうしんウェブ2017年4月19日】

椋鳩十の童話「大造じいさんとガン」を、小学校で習った方もいるだろう▼猟師の大造は狩りに出るが、上空にいるガンの頭領の機転で獲物が取れない。おびき出すためにおとりのガンを放ったが、ハヤブサに襲われる。頭領は人間のわなと知りながらも、おとりを救うために戦う。必死なその姿を見た大造はつぶやく。「おまえみたいなえらぶつを、ひきょうなやり方でやっつけたかあないぞ」▼小説や俳句をみても人間はガンに、どこか畏敬の念を持っているような気がする。ガンの漢字である雁は、一つの家(厂)に人(イ)と鳥(隹)が一緒にいる様子を表す。「葦(あし)をふくむ雁」という言葉もある。ガンは渡りの際、翼を休めるために海に浮かべる葦を口にくわえ飛び立つことから、用意周到の意味で使われるそうだ▼今、シベリアに向かうマガンが美唄・宮島沼で羽を休めている。夜明けとともに餌を求め、一斉に飛び立つ姿を「ねぐら立ち」と呼ぶ。雲が湧き立つような光景には圧倒される▼最近、飛来数が増え、自然のショーもにぎやかになったが、単純に喜べない。繁殖地のシベリアの温暖化が関係しているらしい。今は環境が良くても気温が上がり続ければ、生きにくくなるだろう▼人間界には温暖化対策に後ろ向きな超大国もいたりして、ガンはやきもきしているかも。大造ではないが、「ひきょうなやり方」と思われたくない。2017・4・19
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/opinion/season/2-0112595.html

http://archive.is/ww3p0

posted by BNJ at 21:28 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: