2017年04月21日

重伝建の土壁に穴 加賀東谷、鳥がつつく?【北國新聞2017年4月21日】

鳥のくちばしで土壁などに穴が開けられた民家=加賀市山中温泉杉水町

 加賀市の重伝建(重要伝統的建造物群保存地区)「加賀東谷」にある民家で昨年11月以降、土壁や木柱に大小の穴が複数見つかり、住民を悩ませている。くちばしでつつく鳥が確認されており、専門家は鳥が木柱に生息する虫を食べ、土壁などを巣作りに利用していると指摘する。重伝建の保存対象となる民家にも被害が拡大しており、市や住民は、防鳥ネットの設置やタカによる「追い払い」を検討し始めた。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20170421105.htm

http://archive.is/Eczru

posted by BNJ at 11:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: