2017年04月21日

ツリスガラ 数増やす群れ、ヨシ割る音 =探鳥日記 中村さやか=(白石町)【佐賀新聞LiVE2017年4月21日】

 暖かくなるこの時期、干拓地のヨシ原や草むらで細い声で「チーチー」と鳴く声が聞こえたら近くにツリスガラの群れがいます。

 大きさはスズメより小さく、日本で見られる野鳥の中でも最小の部類に入ります。

 冬鳥として日本へ渡ってきますが、4月になると佐賀より南で越冬していた群れが来るのでしょうか? 寒い時よりも多い数のツリスガラを見かけます。

 主に枯れたヨシの茎の中にいる虫を食べるため耳を澄ますとヨシを割る「パチパチ」という音も聞こえてきますよ。

 (日本野鳥の会佐賀県支部事務局長)
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/423389

http://archive.is/gVwEM

タグ:ツリスガラ
posted by BNJ at 11:57 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: