2017年04月23日

(科学の扉)南国の生き物、北上中 温暖化が原因、九州のチョウが都内に【朝日新聞デジタル2017年4月23日】(既報関連ソースあり)

北上する生き物の分布/懸念される影響<グラフィック・小倉誼之>

 ナガサキ、ヤクシマ、リュウキュウ……。名前に九州や沖縄の地名がついた南国の生き物が、分布域を北に広げている。気候変動による気温上昇などの影響とみられる分布域の北上の実態が、きめ細かな調査記録から分かってきた。

 山椒(さんしょう)は小粒でもピリリと辛い。この言葉と「ヒリリリ」と聞こえる鳴き声から…

残り:2212文字/全文:2362文字
http://www.asahi.com/articles/DA3S12905683.html

http://archive.is/4y2N1
沖縄の野鳥、東京で確認 温暖化影響? リュウキュウサンショウクイ【琉球新報2017年3月10日】(既報1ソース)
サンショウクイの生息域拡大 九州の鳥、温暖化が影響【共同通信2015年4月12日】(リュウキュウサンショウクイ)
リュウキュウサンショウクイ 秦野で初の確認【タウンニュース2015年4月9日】

posted by BNJ at 11:12 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: