2017年04月27日

福地鶏 福井生まれ 新ブランド、県が開発 /福井【毎日新聞2017年4月27日】(他1ソース)

福井県畜産試験場が開発した「福地鶏」=福井県提供
 県畜産試験場(坂井市三国町平山)が先月開発した新しい地鶏、県提供=のブランド名が「福地鶏」に決まった。県が26日発表した。産卵後も食肉に適した卵肉兼用種で、27日から養鶏農家にヒナを譲渡する。

 県名と県が掲げる“幸福度日本一”から「福」の字を取り、名称に冠した。産卵能力が優れる「ウエミチレッド」の雄と肉質が良い「岡崎おうはん」の雌を交配した鶏で、卵は赤玉で黄身が大きく、肉は適度な歯応えが特徴という。

 県は先月、生産者や流通業者、飲食店に参加を呼びかけ、新地鶏の普及を目指す協議会を設立。今年度は2400羽を県内の8養鶏農家に供給し、出荷開始は卵が6月下旬、肉が来年5月を予定している。年600羽ずつ供給を増やす予定で、2020年度には4200羽を目指す。【岸川弘明】
https://mainichi.jp/articles/20170427/ddl/k18/040/344000c

福井)新地鶏の名前は「福地鶏」【朝日新聞デジタル2017年4月27日】
福地鶏=県提供
[PR]
 県が開発に取り組んだ新地鶏の名前が、「福地鶏」に決まった。西川一誠知事が26日の会見で発表した。「幸福度1位」と「福井」から「福」の文字を取り、覚えやすくしたという。

 新地鶏は、県畜産試験場(坂井市)が2014年度から開発を進めた。県によると、全て雌の「福地鶏」は卵も肉もおいしく食べられる卵肉兼用種。卵は黄身が大きい赤玉で、肉には適度な歯ごたえがあってジューシーだという。

 放し飼いで育てられ、直売所での卵の販売価格は1個40〜50円を想定する。将来的には、牛の「若狭牛」や豚の「ふくいポーク」と同じように、「福地鶏」についてもブランド化を目指していくという。

残り:76文字/全文:360文字
http://www.asahi.com/articles/ASK4V4CQNK4VPGJB008.html

一石二鳥の夢「福地鶏」に託す【読売新聞2017年4月28日】
「福地鶏」を受け取る生産者(右)(坂井市の県畜産試験場で)
 ◇ひな480羽譲渡

 県が新たに開発した卵も肉も味わえる地鶏の名称が「福地鶏」に決まり、27日、坂井市の県畜産試験場で初めて生産者となる養鶏農家に、ひなが譲渡された。卵は6月下旬、鶏肉は来年5月頃に市場に出る予定。

 黄身が大きい卵とうまみ成分が豊富な肉が特長で、県が3年がかりで開発した。「幸福度日本一の福井県の地鶏」の意味を込めてシンプルに名付けられた。

 この日は、生後120日程度のひな480羽が、あわら市、坂井市の農業法人3社に手渡された。ひなは今後2か月ほどで安定して卵を産むようになり、直売所やスーパーで購入できるという。県は今年度中、計8農家に2400羽を譲渡する。

 80羽を受け取ったあわら市の農業法人「ポパイランド」の田中勝則代表(48)は、「自然に近い状態でのびのび育て、おいしい卵と鶏肉を生産したい」と意気込んだ。
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukui/news/20170427-OYTNT50304.html

福井県産地鶏の名は…福地鶏【産経ニュース2017年4月28日】
 県畜産試験場(坂井市三国町平山)が開発した卵も肉もおいしい県産地鶏の名称が「福地鶏(ふくじどり)」に決まり、同試験場は27日、生産農家への譲渡を始めた。今年度内に計8軒に対し約2400羽を計画している。6月下旬に卵を、来年5月ごろに肉を出荷する予定。

 福地鶏は「幸福度日本一の福井県の地鶏」として「幸福」と「福井」の福をとって名付けられた。西川一誠知事は「覚えやすいという理由からも命名された」と話した。

 福地鶏は、放し飼いの元気な鶏で、卵も肉もうまく、卵は黄身が大きく、消費者が好む赤玉(茶色の殻)。肉は歯ごたえがあり、ジューシーでうま味成分もたっぷりあるのが特徴。卵の価格は直売所などで1個40〜50円を想定している。県生産振興課は「通常より高いが、放し飼いの鶏ではこの価格で需要がある」とみている。「肉も普通のブロイラーの2倍の価格にできれば」という。

 福井の新しい地鶏のブランド化をはかるのが狙い。平成26年度から同試験場で開発が進められ、今回、生産者や流通業者などで構成する新しい地鶏推進協議会で命名した。今後、毎年600羽程度増やし、32年度には年間4200羽に増やす方針だ。
http://www.sankei.com/region/news/170428/rgn1704280028-n1.html

幸せ県の「福地鶏」に 新品種の名前決定【中日新聞2017年4月27日】
名称が「福地鶏」に決まった県産地鶏の新品種=坂井市の県畜産試験場で(県提供)
写真
 県は二十六日、県畜産試験場(坂井市)が開発した県産地鶏の新品種の名称が「福地鶏(ふくじどり)」に決まったと発表した。生産者や流通業者らでつくる推進協議会が、覚えやすさなどを理由に決めた。

 西川一誠知事は同日の会見で「幸福度日本一の福井の地鶏。卵肉兼用種で、卵も肉も味わい深い」と自信を示した。

 福地鶏は、福井市の農家上道正富さんが品種改良した産卵能力が高い「ウエミチレッド」の雄に、肉質が良い「岡崎おうはん」の雌を掛け合わせた。性格がおとなしいため飼育しやすい。

 県生産振興課によると、市場への出荷は卵が六月下旬、肉が来年五月の予定。卵は黄身が大きく、直売所などでの価格は、一般的な鶏卵の市場価格の二倍に当たる一個四十〜五十円と想定している。肉は適度な歯応えがあり、ジューシーという。

 県畜産試験場で二十七日、初めて農家にヒナが譲渡される。本年度の譲渡数は八農家で計二千四百羽になる見込み。

 (山本洋児)
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20170427/CK2017042702000021.html

http://archive.is/1ZWMp
http://archive.is/j1U2y
http://archive.is/TCLAu
http://archive.is/ZSJEE
http://megalodon.jp/2017-0428-2203-05/www.chunichi.co.jp/article/fukui/20170427/CK2017042702000021.html

タグ:福地鶏
posted by BNJ at 22:26 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: