2017年04月28日

佐渡に飛来 希少な鳥を撮影 新穂で写真展【新潟日報モア2017年4月28日】

 日本野鳥の会佐渡支部の会員による写真展が、佐渡市新穂瓜生屋の新穂歴史民俗資料館で開かれている=写真=。コウノトリやタンチョウなど佐渡に飛来した希少な鳥を捉えた30点が展示されている。

 支部は1955年に設立され、会員約70人が活動している。日頃撮りためてきた作品を多くの人に見てもらおうと、初めて写真展を企画した。展示されているのは2007年から16年に撮影したものが中心で、撮影場所や飛来した記録などが記されている。

 支部長、土屋正起さん(66)は「鳥に詳しくない人でも分かりやすいように展示を工夫した」と話している。

 5月21日まで。月曜休館。午前8時半〜午後5時。大人200円、小中学生100円。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20170428320988.html

http://archive.is/0ubNm

posted by BNJ at 21:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: