2017年04月30日

鳥インフルエンザ 発生に備え、防疫措置研修会 県玉名地域振興局 /熊本【毎日新聞2017年4月30日】

 県玉名地域振興局は、高病原性鳥インフルエンザ発生に備えた防疫措置の研修会を玉名市の同振興局で開き、荒尾・玉名地域2市4町の担当者ら約60人が参加した。

 城北家畜保健衛生所の職員が国内外での発生状況や殺処分の手順を説明。防疫服を着る際に粘着テープで隙間(すきま)を塞ぐことや、脱衣時に全身を消毒することなどをビデオで確認した。

 玉名市農林水産政策課の宮川隼太さん(27)は「拡大を防ぐことが大切。研修内容を庁内でしっかり共有したい」と話した。

 県は2014年に多良木町で高病原性鳥インフルエンザが発生したことを受け、毎年研修会を実施。同振興局管内では昨年12月、南関町で発生し、約9万2000羽の鶏を殺処分した。
https://mainichi.jp/articles/20170430/ddl/k43/040/176000c

http://archive.is/Zvk65

posted by BNJ at 11:44 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: