2017年05月01日

にいがた市民探鳥会 愛鳥週間を前に80人が野鳥探索 /新潟【毎日新聞2017年5月1日】

野鳥観察を楽しむ参加者たち=新潟市中央区の西海岸公園で
 「愛鳥週間」(10〜16日)を前に、新潟市中央区の西海岸公園と同市西区の青山海岸保安林で4月30日、第37回にいがた市民探鳥会が行われた。早朝午前6時のスタートにも約80人が参加、野鳥の探索を楽しんだ。

 会は同市が主催、にいがた野鳥の会が解説を担当した。会場となった林には渡り鳥が多く立ち寄り、60種類以上を観察でき、愛鳥家に人気のスポット。参加者は解説員の手ほどきで、鳴き声を頼りに約2時間探索した。ウグイスやアオジが枝を渡る姿を見つけると、「かわいい」「きれいな鳴き声」と歓声が上がった。家族で参加した医師、河内俊太郎さん(41)は「初めてアカゲラを見られた」と笑顔を見せた。市担当者は「野鳥に関心を持ち、豊かな自然環境を大切にしてほしい」と呼びかけた。【井口彩】
https://mainichi.jp/articles/20170501/ddl/k15/040/063000c

http://archive.is/U6Ubp

posted by BNJ at 21:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: