2017年05月05日

天高く長〜く響く美声です 弥彦神社で長鳴鶏鳴き合わせ会【新潟日報モア2017年5月5日】

鶏が自慢の美声を披露した鳴き合わせ会=4日、弥彦村

 鶏の鳴き声の美しさや長さを披露し合う恒例の「長鳴鶏鳴き合わせ会」が4日、弥彦村の弥彦神社で始まった。穏やかな天候の下、約15羽が「コケコッコー」と境内に声を響かせた。

 境内で行われている日本鶏品評会と併せて「弥彦神社日本鶏の会」が主催した。本県の愛好家が育てた「蜀鶏(とうまる)」が、高さ1メートルほどの台に順番に登場した。5分の持ち時間内に鳴き声の長さや美しさを競った。

 主催者によると、高病原性鳥インフルエンザが本県でも発生した影響で、多くの愛好家が屋外での練習を自粛した。それでも20秒ほど鳴く鶏もいて、観光客から拍手が上がった。この日の最長記録は22秒32だった。

 新潟市東区の古俣里絵さん(46)は「よく鳴いていた鶏もいた。姿もきれいで楽しめた」と話した。

 鳴き合わせ会は5日も午前10時に開催する。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20170505322125.html

http://archive.is/9SZ77

posted by BNJ at 11:27 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: