2017年05月10日

北杜の小学校、カラス死骸持ち込みか 鳥害除け風習も【産経ニュース2017年5月10日】(既報3ソース)

 北杜市高根町の市立小学校の校庭で9日、首が切り取られたカラス3羽の死骸が見つかった事件で、現場に血痕がないほか、3羽が同時にみつかったことから、北杜署は何者かが別の場所から持ち込んだ可能性が高いとみている。

 一方、被害を受けた小学校の関係者によると、周辺ではカラスが農作物を食い荒らすのを防ぐ目的で、死んだカラスを首を切ってつるし、鳥を脅かす風習もあるという。

 「カラスの生け捕りは難しい」(捜査関係者)ことから、同署は鳥害除けのカラスがいたずらなどで持ち込まれた可能性も含めて、捜査している。
http://www.sankei.com/region/news/170510/rgn1705100054-n1.html

小学校の校庭に頭部のないカラス 切断されたか 山梨【NHKニュース2017年5月9日】
9日、山梨県北杜市の小学校の校庭で、頭部のないカラス3羽が見つかりました。警察は切断されたような痕があることから、鳥獣保護法違反などの疑いで調べるとともに、周辺のパトロールを強化することにしています。
9日午前11時すぎ、山梨県北杜市の小学校の教員から「校庭でカラス3羽が死んでいる」と警察に通報がありました。

警察が調べたところ、頭部のないカラス3羽が校庭の端のフェンスの近くに置かれていたということです。
いずれも切断されたような痕があったということです。

市の教育委員会によりますと、8日夕方に教員が見回った際には異常はなく、9日午前9時半ごろ、2時間目の授業の前に教員と児童が見つけたということです。

警察は、カラスの頭部を切断し校庭に放置した疑いがあると見て鳥獣保護法違反などの疑いで調べるとともに、周辺のパトロールを強化することにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170509/k10010975091000.html

山梨で校庭にカラスの死骸 侵入して遺棄?【産経ニュース2017年5月9日】
 9日午前11時25分ごろ、山梨県北杜市高根町の市立小学校から「校庭に首が切り取られたカラス3羽の死骸が放置されている」と110番通報があった。北杜署は、住居侵入と鳥獣保護法違反の疑いで捜査する方針。

 同署によると、3羽の死骸は校庭南側の隅に無造作に置かれていた。カラスの首は見つかっておらず、現場に血痕もないことから、別の場所で切断されたとみられる。
http://www.sankei.com/affairs/news/170509/afr1705090025-n1.html

小学校校庭に首切り取られたカラス3羽の死骸…首見つからず血痕もなし【サンスポ2017年5月9日】
 9日午前11時25分ごろ、山梨県北杜市高根町の市立小学校から「校庭に首が切り取られたカラス3羽の死骸が放置されている」と110番があった。北杜署は住居侵入と鳥獣保護法違反の疑いで捜査する方針。

 署によると、3羽の死骸は校庭南側の隅に無造作に置かれていた。カラスの首は見つかっておらず、現場に血痕もないことから、別の場所で切断されたとみられる。
http://www.sanspo.com/geino/news/20170509/tro17050914530006-n1.html

http://archive.is/C5BmS
http://archive.is/w3l1Z
http://archive.is/1TZuO
http://archive.is/iTiKg

posted by BNJ at 11:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: