2017年05月10日

巣に絡むごみ、辛い抱卵 きょうから愛鳥週間【沖縄タイムスプラス2017年5月10日】

 10日から愛鳥週間が始まる。繁殖期を迎えた野鳥の声が沖縄県内各地に響いている。

ビニール袋が絡まった巣の中で抱卵するバン=9日、豊見城市与根(金城健太撮影)
 豊見城市与根の三角池(第一遊水池)では9日、クイナ科のバンが水面に作った巣で抱卵する姿が観察された。

 巣の材料は周囲に生えている植物だが、ビニール袋などのごみが絡まったままだ。都心近郊にもかかわらず、多くの渡り鳥が飛来する貴重な場所。

 鳥たちも、もっときれいな環境で過ごしたいと思っているのではないだろうか。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/96776

http://archive.is/3Si7s

posted by BNJ at 12:05 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: