2017年05月10日

イチからオシえて バードストライクを防ぐ 風力発電所設置に手引 飛行経路調査【毎日新聞2017年5月10日】

 稼働中、羽根に野鳥が衝突して死んでしまう風力発電所での「バードストライク」。犠牲になる鳥が絶滅危惧種の場合も珍しくなく、環境省は、野鳥への影響の大小を示す地図を今年度末にもまとめ、計画段階での予防を狙う。そのためには鳥の飛行の傾向など、実態把握が不可欠だ。

 ●絶滅危惧種も

 日本野鳥の会は、風力発電所でのバードストライクで死んだ野鳥を見つける講習会を開くなど被害把握に努めてきた。米国の専門家を招き「一歩進んでは振り返って、草の根元をよく見て」などとコツを会員らに伝授し、練習も実施した。参加者は「ニワトリより小さいウズラは2メートル先にあっても見逃してしまう。特に草の根元にあれば、目を凝らしても分かりにくかった」と振り返った。

 風力発電所でのバードストライクで死ぬ野鳥について、同会は会員らの報告などから、2001年〜14年3月に計341羽が被害に遭い、うち絶滅危惧種はオジロワシなど6種計50羽が犠牲になったと見ている。しかし「見つけるのが難しい上、肉食の野生動物が食べてしまうケースも多く、氷山の一角に過ぎない」(同会)という。実際、風力発電所の事業者が「バードストライクは起きていない」としていた北海道沿岸地域で、大学生が07〜08年にかけて計50羽の野鳥の死骸を見つけた例もあるほどだ。

 ●データ蓄積必要

 地球温暖化対策として風力発電所の設置が相次ぐことが予想される中、環境省はバードストライクを防ぐための手引を昨年6月にまとめた。鳥に風車の存在を知らせるため、羽根やタワー下部を彩色したり、警戒音を出したりする対策を公表。鳥が比較的多く飛ぶ時間帯や時期に運転を抑制するなどの対策を盛り込んだ。また、今年度中に、鳥類が多く生息している地域や移動のルート、希少種の営巣状況などを図示する「センシティビティーマップ」を公表することを目指している。被害が予測される場所を事前に把握し、設置を避ける手法で、英国やドイツでは導入されている。

 ただ、こうした対策の効果を把握し、地図の精度を高めるためには、鳥の飛行ルートの分析などデータの蓄積が欠かせない。日本気象協会では、気象データ観測の技術などを応用し、測量に用いる「セオドライト」と呼ばれる機器を使った鳥の飛行経路の分析や、船舶レーダーを使って鳥の存在位置を24時間監視できるシステムなどを構築している。気象協会の島田泰夫主任技師は「対策はいまだ手探りの部分があり、正確に鳥の飛行状況や衝突のメカニズムを解明し、対策に生かすことが必要だ」と指摘する。【渡辺諒】
https://mainichi.jp/articles/20170510/ddm/013/040/035000c

イチからオシえて ダメオシ バードストライクを防ぐ 日本野鳥の会主任研究員・浦達也さん【毎日新聞2017年5月10日】
 絶滅危惧種の被害で、現在目立つのは国の天然記念物でもあるオジロワシです。北海道に150〜200ペアが繁殖しているとされていますが、バードストライクによって将来的に数を減らすという分析結果もあります。

 環境影響評価(アセスメント)法に基づく手続きが求められているため、衝突頻度を計算することになっています。およそ、年1羽以下なら影響軽微となりますが、衝突だけでなく、風車を建てることによって鳥が警戒し、営巣をやめてしまうなどの影響も考慮すべきです。

 環境省のマップには期待しますが、計画自体は事業者の判断です。そこで、マップに従った事業者に対しては、アセス法に基づく手続きを緩和したり、事業者が自主的に第三者の客観的な詳細調査をした場合には、電気を高く買い取ったりするという動機付けも必要ではないでしょうか。
https://mainichi.jp/articles/20170510/ddm/013/040/041000c

http://archive.is/OZH4O
http://archive.is/SQeRO
村上市海岸部でウミネコの生態調査 風力発電の影響は?【新潟日報モア2017年4月29日】
洋上風力発電 生態系への影響探る 新潟西区でシンポ【新潟日報モア2016年12月7日】
選挙:村上市長選 主な争点/下 洋上風力発電 売電収益で経済効果を /新潟【毎日新聞2015年6月26日】

酒田風車計画 環境への影響小さい 県、調査結果公表 「総合的に適正」 /山形【毎日新聞2017年2月1日】
酒田・風力発電施設の計画見直し、再度要望 日本野鳥の会県支部【山形新聞2015年9月3日】(オオタカ/コアジサシ/ミサゴ/チゴモズ)

バードストライク 風車に鳥衝突、よそ見原因か 餌につられ、視線下に NPO調査【毎日新聞2017年1月29日】
洋上風力発電 生態系への影響探る 新潟西区でシンポ【新潟日報モア2016年12月7日】
環境省、岩手県での風力発電事業に意見 イヌワシに影響ある場合は見直しを【環境ビジネスオンライン2016年10月15日】(関連ソースまとめあり)
国内最大級の風力発電容認 鳥への配慮条件 環境省【朝日新聞デジタル2016年9月28日】
風車230基の計画!〜地元参加と透明性を 北海道北部、大型風力計画への期待と課題 吉田文和【WEB RONZA朝日新聞社2016年9月12日】
風車に野鳥衝突 防止策探る絶滅危惧種オジロワシも被害【読売新聞2016年9月12日】
北海道の風力発電事業2件に環境大臣意見 希少猛禽類のため、1基は設置中止【環境ビジネスオンライン2016年9月7日】
野鳥検知、衝突を回避 風力発電促進へシステム開発【どうしんウェブ2016年8月6日】
海ワシ類のバードストライク防止策 環境省、風力発電向けの手引き書を作成【環境ビジネスオンライン2016年6月29日】
環境省_「海ワシ類の風力発電施設バードストライク防止策の検討・実施手引き」の策定に関する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)【環境省報道発表資料2016年4月26日】
風車と鳥類の衝突を自動検知、洋上風力にも使える遠隔監視システム【スマートジャパン2016年4月19日】

posted by BNJ at 12:10 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: