2017年05月13日

<鳥インフル>栗原の監視重点区域を解除【河北新報オンラインニュース2017年5月13日】

 栗原市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、環境省は12日、養鶏場から半径10キロ圏に設定した野鳥監視重点区域を解除したと発表した。
 養鶏場で防疫措置が終わった3月27日以降、区域内で野鳥などに異常が確認されなかったため、12日午前0時に解いた。同省は渡り鳥の北帰行が終盤になっている状況などを踏まえ、全国の野鳥の監視体制をレベル3から1に引き下げた。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170513_13004.html

http://archive.is/oa24e
<鳥インフル>宮城県 移動制限解除【河北新報オンラインニュース2017年4月18日】

posted by BNJ at 10:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: