2017年05月13日

かみね動物園 ネットがなくて見やすいね 鳥インフル対策解除 /茨城【毎日新聞2017年5月12日】

ペンギンに餌をやる家族連れ=日立市のかみね動物園で
 日立市のかみね動物園は11日、県内で鳥インフルエンザが確認されたことを受け、昨年12月から実施していた防疫措置を解除した。

 この日、職員たちがペンギンとフラミンゴの展示施設に野鳥が入り込まないように張り巡らした防鳥ネットを撤去。キジの仲間のホロホロチョウ約30羽の園内の放し飼いや、来園者によるペンギンへの餌やりも再開した。

 屋内の隔離舎に避難させているアヒルやバリケンは園内の池を補修した後、来週にも屋外展示を始める。

 同園は県内での鳥インフルエンザの終息後も、隣県などで発生が確認されたため、独自の指針に基づき防疫措置を継続。全国的に終息したため解除を決めた。

 家族で来園し、再開したペンギンへの餌やりを体験した同市弁天町の村田陽子さん(35)は「ネットが外れて動物が見やすくなり、安心して見学できる」と語った。【佐藤則夫】
https://mainichi.jp/articles/20170512/ddl/k08/040/156000c

http://archive.is/FUif1
鳥インフル かみね動物園は警戒レベル設定【茨城新聞クロスアイ2017年2月19日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: