2017年05月16日

フラワーパーク江南 フクロウと一緒に 撮影会にぎわう /愛知【毎日新聞2017年5月16日】

 「ハリーポッターみたい」−−。江南市小杁町の国営木曽三川公園フラワーパーク江南で14日、珍しいメンフクロウと、トカゲの仲間のレッドテグーと記念撮影する催しが開かれ、大勢の親子連れでにぎわった。

 メンフクロウは体長30センチぐらいの小型のフクロウ。首を左右にそれぞれ約270度ずつ回すことができる。周りの音に反応して首をちょこちょこ回す仕草がかわいい。

 動物が好きで一宮市から母親と来た高橋咲弥香(さやか)さん(9)は「最初は怖かったけど、羽を触らせてもらったらモコモコだった」と大喜びだった。

 体長1メートルほどのレッドテグーはのしのしと歩く姿が恐竜のようで、小さな子は泣き叫んで近づくのも難しいほど。子どもたちは怖々と少し離れて撮影していた。

 同パークでは21日まで「春のガーデンパーティ」を開催中で、20日には「ポニー花馬車に乗ろう!」などのイベントがある。【長倉正知】
https://mainichi.jp/articles/20170515/ddl/k23/040/133000c

http://archive.is/dfV7x

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: