2017年05月16日

シロフクロウ「ラン」天国へ【読売新聞2017年5月16日】(須坂市動物園)

=写真、須坂市動物園提供=
 須坂市動物園は15日、飼育していたシロフクロウの「ラン」(雌、1歳)が死んだと発表した。同園は16日から約1週間、シロフクロウ舎前に献花台を設け、来園者にお別れの言葉をノートにつづってもらうことにしている。

 同園によると、ランは15日朝まで元気だったが、同日午前10時半頃、舎内の水遊び場(約1メートル四方、水深最大約25センチ)でうつぶせになって死んでいるのが職員に発見された。死因は溺死とみられるという。

 ランは2016年1月、同園で人気者のシロフクロウ「ハク」(雄、4歳)の「お嫁さん」として静岡市立日本平動物園からやってきた。担当者によると、2羽はよく身を寄せ合って、仲良く過ごしていたという。同園は「2世の誕生を期待していただけに大変残念でならない」とコメントした。
http://www.yomiuri.co.jp/local/nagano/news/20170516-OYTNT50177.html

http://archive.is/2XWvl
長野・須坂市動物園総選挙 “脱走ペンギン”の「トット」が頂点に【産経ニュース2017年3月20日】
【酉年・長野の話題】シロフクロウの座を狙い虎視眈々 来年は初の鳥類限定の総選挙開催 須坂市動物園【産経ニュース2017年1月3日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: