2017年05月21日

ブッポウソウ観察小屋復活 三次【中国新聞アルファ2017年5月21日】

修復を終えたブッポウソウの観察小屋。後ろには、倒木の痕跡がある
 大雪の影響で倒れた木の下敷きになり屋根の一部が破損していた、三次市作木町伊賀和志にある夏の渡り鳥ブッポウソウの観察小屋が復活した。小屋を管理する地元の住民グループ「めんがめ倶楽部(くらぶ)」が修復。メンバーは「ブッポウソウの飛来する時期に何とか間に合った」と安堵(あんど)している。
(ここまで 142文字/記事全文 533文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=343527&comment_sub_id=0&category_id=110

http://archive.is/0wIo7

posted by BNJ at 11:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: