2017年05月24日

鹿児島市の幼稚園でムクドリが子育て (鹿児島県)【NNNニュース2017年5月24日】

 鹿児島市の紫原幼稚園では、ムクドリがせっせと子育てに励んでいる。少し変わった場所に巣をつくっていて、子どもたちも興味深くヒナの成長を見守っている。ムクドリが巣を作ったのは、建物の2階と3階の排気口の中で、親鳥が数分おきにエサを運んでくるという。紫原幼稚園では3年前から排気口の中でムクドリが卵を産むようになり、園児たちとヒナの成長を見守っている。今年は、先月から親鳥が姿がみられ、22日朝、ヒナの声が聞こえたという。冨田隆文園長は「ヒナにエサを運ぶ様子を見て、みんなもお父さんお母さんから愛情をもらって大きくなっているんだよと教えている。」と話した。
http://www.news24.jp/nnn/news8729099.html

http://archive.is/iZSbh

タグ:ムクドリ
posted by BNJ at 20:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: