2017年05月24日

韓国軍、飛行体に警告射撃=北朝鮮から南下の鳥?【時事ドットコム2017年5月23日】

 【ソウル時事】韓国軍は23日午後4時(日本時間同)ごろ、江原道鉄原の南北軍事境界線付近で、北朝鮮から南下してきた正体不明の飛行体に向け警告射撃を行った。軍合同参謀本部が明らかにした。無人機の可能性は低いという。

 聯合ニュースによると、軍は機関銃で90発の警告射撃を行った。軍によれば、飛行体は無人機の速度より遅く、射撃を行うとレーダーから消えたため鳥の群れなどの可能性がある。
 韓国では昨年1月、北西部の軍事境界線の上空で北朝鮮の無人機とみられる飛行体が現れ、軍が警告射撃を実施。無人機は高度約3000メートルの上空を飛行し、境界線を数十メートル侵犯したが、警告射撃を受け、北朝鮮側に引き返した。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017052301315&g=prk

http://archive.is/PiB3G

posted by BNJ at 21:03 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: