2017年05月27日

【神奈川】動物の環境学ぶカードラリー 金沢動物園 来月開始【東京新聞2017年5月27日】

オカピをモデルにしたキャラクターのカードに描かれたデザイン=金沢動物園提供

 環境省が定める環境月間(六月)に合わせ、金沢動物園(横浜市金沢区)は六月三日から、園内の動物の飼育状況や野生での生息環境について飼育員が解説し、環境問題を考えてもらう「ズーレンジャーカードラリー」を始める。
 六月三〜二十四日の毎週土曜午後一時半から十五分ごとに、ガウル、ニホンカモシカ、シロテテナガザルを解説。六月四〜二十五日の毎週日曜午後一時半から十五分ごとに、ヒガシクロサイ、オカピ、アオバネワライカワセミを解説する。
 各回とも、解説した動物をモデルにしたキャラクターを描いたカードをプレゼント。デザインは同園の職員が担当した。六種類全てのカードを集めると「ズーレンジャー認定書」が手渡される。同園の原久美子園長は「特にヒガシクロサイは国際的に絶滅危惧種に指定され、希少な動物。楽しく学んでカードを集めてほしい」と話している。
 同園では五月二、三の両日にオオツノヒツジの赤ちゃん計二頭が相次いで誕生し、カードラリー期間中に一般公開できるよう準備している。 (志村彰太)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201705/CK2017052702000138.html

http://archive.is/iDufk

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: