2017年06月03日

南アルプス北岳 ケージでライチョウ保護へ【伊那谷ねっと2017年6月2日】

環境省は今年度、絶滅のおそれがあるライチョウの保護と増殖に向け、南アルプスの北岳でケージによる保護を行います。
ライチョウは本州の中部の高山帯に生息しその数は2千羽まで減少していると見られています。
特に南アルプスの北岳周辺では減少が著しく、1981年の調査では120羽生息していましたが、2016年には24羽まで減少しました。
環境省では、北岳のライチョウの保護と増殖に向け今月からケージによる保護を行います。
今月から来月にかけ、ライチョウの家族を小型の移動式ケージに収容した後、大型のケージに誘導し20日間程度保護します。
ライチョウの雛は、雨や気温の変化による影響の他に、最近は猛禽類やキツネなどの捕食により減少していると見られています。
今年度からはライチョウを襲うキツネやテン、イタチの捕獲を北岳で行う計画です。
環境省では、北岳のライチョウの個体数の回復の状況により、南アルプス全体に取り組みを広げていきたいとしています。
http://inamai.com/www/ictnews/detail.jsp?id=48171

http://archive.is/nJyju

タグ:ライチョウ
posted by BNJ at 12:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: