2017年06月08日

大学倶楽部・大阪教育大 南極での研究成果や生活を紹介 小西教授が観測隊報告会を開催【毎日新聞2017年6月8日】(ペンギン)

南極で雪上車の前に立つ小西教授

南極での観測の様子

学生と教員25人が参加した南極観測報告会
 大阪教育大学教育学部教育協働学科の小西啓之教授が5月19日、昨秋から今春にかけて参加した第58次南極観測隊の報告会を開催し、学生と教員の計25人を前に研究成果や生活の様子を紹介した。

 小西教授の専門は気象学・雪氷学。同隊夏隊員として2016年11月27日〜2017年3月23日にかけて南極に渡った。観測隊への参加は2回目で、前回は28年前に第30次隊越冬隊員として1年間滞在している。

 今回は昭和基地近くの「S17観測拠点」で、45日間にわたり観測活動に従事した。調査したのは、気温、風速、雪質などの条件による氷床表面からの昇華蒸発量の変化。海からの水蒸気が届かない南極内陸部に、雪の基となる水蒸気がどのように運ばれるかを解明する手がかりとなる。

 報告会では、同拠点で計測した気象データを示しながら、滞在中に最大風速30メートルのブリザードがあったこと、南極では風向きがほぼ常に一定であること、気温の変化についてなど、現地の気候を説明した。さらに、停止している砕氷船に興味津々のペンギンの群れ、夜も沈まない太陽を定点撮影したタイムラプス(低速度撮影)画像、拠点に風呂がないため屋外で洗髪する様子など、多くの映像や写真を提示し、実際の生活についても話した。

 参加した学生の一人は「日本にいたら想像もつかない極地での生活を知ることができて、とても興味深かった」と感想を語った。また、今年の第59次南極観測隊夏隊員に予定されている同大学院理科教育専攻1年生の杉浦裕紀さんは、「南極に行ったら、太陽の光や空の青さを観測します。南極は人間の活動が極端に少ないので、それが空の色にどのくらい影響しているのかを調べます」と話した。
https://mainichi.jp/univ/articles/20170608/org/00m/100/023000c

http://archive.is/NVZDT
【Face ちば人物記】国立極地研究所教授・本吉洋一さん(62)【産経ニュース2017年6月4日】

posted by BNJ at 22:19 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: