2017年06月11日

シマエナガ 四季の表情 安平の小林さん写真展【どうしんウェブ2017年6月11日】

「シマエナガのけなげさと力強さを感じてほしい」と話す小林さん
 白く小さな姿で「雪の妖精」と呼ばれる野鳥シマエナガの写真展が11日、苫小牧市植苗のウトナイ湖野生鳥獣保護センターで始まる。安平町職員の小林誠さん(26)が市内で撮影した四季折々の表情をとらえた23点が並ぶ。

 シマエナガはエナガ科の小鳥。主に道内に生息し、かわいらしい姿でファンが多い。22歳で野鳥の観察・撮影を始めた小林さんは2014年冬に初めてシマエナガを撮影した。それ以来、ウトナイ湖周辺や市内の山林で追い続けている。

 7月9日まで(月曜休館)。午前9時〜午後5時。無料。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/1-0409215.html

http://archive.is/u8ck2

posted by BNJ at 20:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: