2017年06月10日

ウトナイ湖に展望台を新設 高さ10メートル、エレベーター設置【苫小牧民報2017年6月10日】

道の駅ウトナイ湖付近に展望台が建設される
 苫小牧市は2018年度、市内植苗の道の駅ウトナイ湖に展望台を新設する。展望台の高さは10メートル前後で、車いすでの利用も想定しエレベーターを整備予定。17年度は設計作業に入り、早ければ18年秋ごろの完成を目指しており、市は新たな観光スポットとして期待を寄せている。

 展望台の整備は、新千歳空港の深夜早朝時間帯(午後10時〜午前7時)の発着枠拡大に伴う地域振興策の一環。市は17年度一般会計補正予算案に設計費で約1100万円を計上し、財源として道が9割、市が1割を負担する。

 構想では、展望台は道の駅からウトナイ湖の湖畔に向かう歩道に隣接する形で建設する。鉄筋コンクリート造りで屋上を含めて3階建て、延べ面積は約300平方メートル。2階部分はガラス張りの展望スポットにする他、エレベーターでつないだ屋上からも360度の眺望を楽しめるようにする設計を検討中だ。

 ウトナイ湖はラムサール条約の登録湿地で、多くの野鳥が飛来することから野鳥愛好家をはじめ、国内外の観光客にも人気のスポット。ウトナイ湖に家族と一緒に訪れていた市内拓勇東町の男性(29)は「年2、3回、子どもたちと来ているが、展望台を造るなら、自然環境にしっかり配慮してほしい」と話した。

 市では今年度の設計業務について自然環境に配慮し、環境省などとも意見交換をしながら進め、18年度に着工、秋ごろの完成を予定する。

 16年度に78万人を超える入り込みを記録した道の駅ウトナイ湖の西村宏基駅長は「それなりの高さのある展望台。今までに見たことがない視点からウトナイ湖周辺の景観を楽しめると思うので、新たな集客につなげたい。車いすの人も訪れるので、エレベーター設置は喜ばれるとも思う」と話している。
https://www.tomamin.co.jp/news/main/11473/

苫小牧・ウトナイ湖畔に来年度、展望台を新設【室蘭民報2017年6月21日】

 苫小牧市は2018年度(平成30年度)、市内植苗のウトナイ湖畔に展望台を新設する。高さは10メートル前後を予定しており、年度内に関係機関と協議を重ね設計に入る。18年度着工、早ければ同年秋ごろの完成を目指しており、ウトナイ湖に新たな観光スポットが誕生することになる。

 計画では道の駅などを併設するウトナイ交流センターから、湖畔に向かう歩道の隣接地に建設する。鉄筋コンクリート造り3階建てで、延べ床面積は約300平方メートル。車いすでの利用も想定し、エレベーターを設置する。2階部分はガラス張りの展望スポットで、ウトナイ湖の景観や野鳥観察などが楽しめそうだ。

 展望台の整備は、新千歳空港の深夜早朝時間帯(午後10時〜午前7時)の発着枠の拡大に伴う、地域振興策で財源は道が9割、市が1割の負担。市は一般会計補正予算案に設計費として約1100万円を計上している。

 市は「自然環境と調和を図りながら、集客力向上による地域の活性化を促進させたい」としている。
(佐藤重伸)

【写真=展望台が設置されることになったウトナイ交流センター】
http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2017/06/21/20170621m_08.html

http://archive.is/d1Pdc
http://archive.is/V9aDe

posted by BNJ at 23:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: