2017年06月13日

愛知 六つ子オシドリ、人気者 春日井市の植物園【中日新聞2017年6月13日】

母鳥(右)に見守られ、よちよち歩く6羽のヒナたち=春日井市都市緑化植物園で

 春日井市都市緑化植物園の動物ふれあい広場で、オシドリのヒナ六羽が生まれた。手のひらに収まる小さな体でよちよち歩き、来園者の人気者になっている。

 母鳥は五月五日から卵を温める抱卵の時期に入っていた。六月二日夜にふ化し、三日朝には池で元気よく泳いでいたという。

 六羽で体を寄せ合って日なたぼっこしたり、母親の後に続き「ピヨピヨ」とかわいらしく鳴きながら鳥舎内を歩き回ったり。柔らかくした鳥の餌やキャベツを食べて、すくすくと育っている。

 母鳥は昨年も産卵したが、温度調整などの関係でヒナがかえることはなかった。飼育担当者は「抱卵期に驚かせないよう気を使っていた。無事に生まれてくれてよかった」と二年ぶりのふ化を喜んでいる。ふわふわの毛並みのヒナは、一カ月間は見られるという。

 (浅野有紀)
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20170613/CK2017061302000060.html

https://megalodon.jp/2017-0615-1518-44/www.chunichi.co.jp/article/aichi/20170613/CK2017061302000060.html

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: